栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

ウグイの栄養とレシピ、食品成分表

ウグイには、レクチン、ビタミンB1・D、EPA/DHAが含まれています。

ウグイの効能

ウグイは全長約10〜45cmの細長い雑食の魚で、環境適応力が高く、ほかの魚が棲めないような酸性の水質にも適応するという特徴を持っています。「浮く魚」「鵜の食う魚」などが転じてこの名がついたといわれています。

また、春・夏の繁殖期にはオス・メスとも体表に婚姻色が出現し、背から腹にかけて3本の帯状の赤い線が見られることからアカハラとも呼ばれます。皮は少々固いものの、脂肪が少なくあっさりした味わいで、脂ののる冬季のものが最も美味とされています。

ウグイには、免疫機能を強化しがんを抑制するといわれるレクチンをはじめ、エネルギー代謝の促進や疲労回復に役立つとされるビタミンB1、カルシウムやリンのバランスを調整する働きがあるとされるビタミンD、血栓を防いで動脈硬化を予防するといわれるEPA、記憶力の向上やコレステロール値低下、がん予防に有効とされるDHAが豊富に含まれています。

EPAとDHAはエイコサペンタン酸とドコサヘキサエン酸のことで、これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、その効能が注目されている栄養素です。

[スポンサーリンク]

ウグイの人気&簡単レシピ

ウグイの甘露煮

頭と内臓を取り酒に漬けることで独特の臭みが消え、緑茶で下茹ですることにはウグイの小骨を柔らかくする効果があります。煮崩れしてしまうので、火力は強すぎないように要注意!

ウグイ(ハヤ)のから揚げ

2度揚げするとベター。川魚の臭みを和らげるために生姜とにんにくの両方を入れましたが、片方だけでもOKです。

ウグイの焼き煮付け

煮ても強いクセが完全には消えませんが、ご飯のおかずとして美味しく頂きました。濃い味好みの方は、水を100ccほどに減らしてもOK。

ウグイの唐揚げ

食感よく仕上げるコツは、固い頭と骨を丁寧に取ること。味に特徴のない魚なので、濃い目の味付けがおすすめです!臭みを消すため、お酒にはなるべく長く漬けてくださいね。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。