栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

豆腐の効能とおすすめレシピ、食品成分表

豆腐には、ダイズサポニンやリノール酸、イソフラボン、レシチン、グリシニン、食物繊維が多く含まれています。
その栄養効果として、コレステロール値低下、骨粗鬆症・更年期障害・動脈硬化・高血圧の予防、整腸作用、記憶力アップ効果などが期待できます。

豆腐の効能

豆腐は、蒸した大豆をすりつぶした豆汁(ごじる)からおから(繊維質)を取り除いた豆乳を、にがりなどの凝固剤を加えて固めたもので、消化がよく、大豆そのままよりも大豆の栄養分を効率よく摂取することができます。

製法の違いによって木綿豆腐・絹ごし豆腐・充填豆腐などがありますが、タンパク質やミネラルは木綿豆腐に多く、ビタミンB1・B2・B6・Eは絹ごし豆腐や充填豆腐のほうが豊富です。

いずれも大豆由来の良質のタンパク質をはじめ、コレステロールを減らすダイズサポニンや動脈硬化を予防するリノール酸、骨粗鬆症・更年期障害・がんを防ぐイソフラボンがそのまま詰まっています。また、にがりを使った豆腐には、にがりの成分であるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

そのほか、記憶力アップや動脈硬化予防に役立つとされるレシチンや、コレステロール値を下げて血圧を正常化するグリシニン、整腸作用のある食物繊維なども含まれています。

豆腐は、可能ならば専門店で作りたてのものを購入するのがおすすめです。パック入りのものは製造日時の新しいものを選びましょう。
保存の際は、水を張った容器に豆腐を沈め、ふたをして冷蔵庫に入れます。味を損なわないために、カルキ臭のない水を使用しましょう。

[スポンサーリンク]

豆腐の人気&簡単レシピ

中華風冷奴

お醤油だとちょっと味が濃く…塩とごま油の組み合わせが好きで、試してみたら美味♪お豆腐は木綿と絹どちらでもOK。お好みでどうぞ。

麻婆豆腐

甘めの味噌を使っています。辛さは豆板醤の量で調節してください。仕上げに花椒(ホワジャン)という四川山椒の粉をふりかけると、ピリッと美味しく、かなり本格的な仕上がりに。

甘辛豆腐の卵とじ

豆腐でご飯にもおつまみにもなる一品を。豆腐は焼くのではなく、揚げれば時間短縮になりますが、カロリーは上がります。水菜などを乗せると見た目もおいしく仕上がります。

お豆腐で水菜が美味しいサラダ

水菜の水分はしっかり切ってくださいね。お魚料理やカレーのサイドメニューにも合います。生姜の量はお好みで加減してください。

モチモチ豆腐

ポイントは、豆腐の水切りをしっかりすること。片栗粉はダマになりやすいので、生地をしっかり混ぜることも重要です。片栗粉が多いほどもちもちに♪

豆腐の照りマヨ焼き

安い豆腐で短時間で簡単にできる1品。なんと10分、100円。トッピングでネギ、海苔、七味など、おすすめです。

湯豆腐

豆腐は沸騰させないよう気をつけて。薬味は好きなものでok。ポン酢醤油にネギとユズ胡椒が美味しいそうです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
864 views