栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

ビタミンAは動物性食品と植物性食品から半分ずつ

ビタミンAは、油に溶けて水に溶けにくい脂溶性ビタミンです。化学名をレチノールといい、レバーや魚介類の
内臓、卵黄、牛乳などに多く含まれています。

ビタミンAの働きとは?

ビタミンAには皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあり、ウイルスの侵入を防いで病気への抵抗力を向上させるのに役立ちます。また、明暗を感じたり、角膜を守ったりするなどの働きもあります。

[スポンサーリンク]

油を使った調理がおすすめ

緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンは、プロビタミンAと呼ばれるビタミンAの前駆体です。βカロテンは、体内に吸収されてから必要に応じてビタミンAに変換されます。
ビタミンAは熱に強く水に溶けにくいので、調理による損失が少ないことが特徴です。油とともに調理すると吸収されやすくなります。

過剰摂取と欠乏が招く症状とは?

ビタミンAを過剰摂取すると体内に蓄積され、嘔吐や頭痛などの脳圧亢進症状や骨障害、脂肪肝などの過剰障害が起こります。ただし、βカロテンは必要に応じてビタミンAに変換されるので、過剰障害を起こす心配はありません。また、変換されないβカロテンは活性酸素を除去し、ガンの予防にも働きます。
逆に欠乏すると、皮膚や呼吸器の粘膜が弱くなり、感染症にかかりやすくなります。また、暗がりで見えにくくなる夜盲症も起こしやすくなります。

レチノールとβカロテンから半分ずつ

ビタミンAはレチノールを含む動物性食品から摂るのが効率的ですが、摂りすぎると中毒症状を起こす危険性があります。
βカロテンでレチノールと同じ効果を得るためには6倍の量が必要になりますが、こちらは過剰症の心配がありません。そのため、1日に必要な摂取量の半分をレチノールから、もう半分をβカロテンから摂るのが理想とされています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]