栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンB群

世界最古の甘味料・はちみつのおいしくて健康に役立つ活用法

はちみつは世界最古の甘味料といわれ、旧石器時代の壁画には、すでにはちみつを採集する様子が描かれています。はちみつを採るために人が養蜂を始めたのはエジプト時代といわれ、ミイラの副葬品として棺に収められるなど、当時から珍重されていたことがわかっています。
そんなはちみつは、古くから健康食品としても知られています。

疲れているときや病中病後におすすめ!

はちみつの主成分であるブドウ糖や果糖は最小単位にまで分解された糖であるため、大変吸収がよく、胃腸に負担をかけません。また、すぐに吸収されてエネルギーに変わるので、疲労回復や病中病後の栄養補給などにも最適です。
ブドウ糖は白く結晶しやすいので、はちみつを低温の場所に置くと白く固まってしまいますが、この状態になっても品質に変わりはありません。

[スポンサーリンク]

ビタミン・ミネラルが豊富

はちみつには、主成分である糖分のほか、私たちの体に不可欠なビタミンやミネラルも他種類含まれています。
特にビタミンB群・葉酸・カルシウム・鉄・銅・マグネシウムなど、現代人に不足しがちな栄養素が多く含まれているのがうれしいですね。

普段の食事にもっと活かそう!

こうしたはちみつの栄養を普段の食生活に活かすには、砂糖代わりに使うのがおすすめです。
たとえば、ホットケーキに添えるだけでなく、ケーキやクッキーなどの生地作りに上白糖の代わりに使えば、ミネラルの摂取量が増えますし、はちみつの果糖の保水性により、しっとりした生地に仕上がります。
また、煮物・照り焼きのたれ・マリネの漬けだれなどに利用すると、栄養価とコクがアップします。

摂りすぎカロリーオーバーのもと

ただし、はちみつは甘味が強いので、使う量は上白糖の半分以下にし、カロリーオーバーにならないよう、摂りすぎに注意しましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ