栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

オリゴ糖

乳酸菌の働きと効率的な摂り方とは?

乳酸菌とは糖類を発酵させて乳酸を作る細菌の総称で、多くの種類があります。ヨーグルトに使われているのは主にブルガリア菌・サーモフィルス菌・アシドフィルス菌などで、ヒトの腸管内に住むビフィズス菌も乳酸菌の仲間です。

乳酸菌の多糖類がさまざまな病気の予防に貢献

乳酸菌には、腸内で有害な悪玉菌の繁殖を抑えてお腹の調子を整えるという役割がありますが、最近ではさらに研究が進み、このほかにもさまざまな効用が期待されています。
乳酸菌の表面にある細胞膜を作っている多糖類には、免疫力を高める効果があります。つまり、体外から侵入した病原菌や体内で発生したガンなどに対する抵抗力を強め、さまざまな病気を遠ざけてくれるのです。
また、この多糖類にはコレステロールを減らす作用もあります。多糖類の粘性が腸内のコレステロールを取り込み、最終的に便として体外に排出してくれるのです。

[スポンサーリンク]

乳酸の殺菌作用にも注目

乳酸菌が発酵して糖類が分解されると作られる乳酸にも、いろいろな働きがあります。
まず、乳酸には強い殺菌作用があるため、食中毒予防に効果的といわれています。ヨーグルトにすると牛乳より日持ちするのは、この乳酸の殺菌作用のおかげなのです。
さらに、乳酸は消化管に刺激を与えるので、腸のぜん動運動が促され、便秘の予防・解消にも役立ちます。

生きたまま腸に届けることが大切

乳酸菌は胃酸などで死んでしまう場合もあるので、腸内の乳酸菌を増やすには、乳酸菌を生きたまま腸に届けるようにすると効果的です。腸まで生きて届く乳酸菌を添加したヨーグルトや特定保健用食品などを利用しましょう。
また、乳酸菌のエサになるオリゴ糖のシロップなどをかけて食べると、乳酸菌を増やす効果がよりアップします。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ