栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

βカロテン

世界一栄養価の高い果物・アボカドの驚異の抗酸化力とは?

マグロのトロやチーズに似た味わいの特異な果実・アボカド。実際に、脂肪分は約20%とトロよりも上で、これが「森のバター」といわれるゆえんです。

不飽和脂肪酸だからコレステロールの心配なし!

ただし、バターと違い、アボカドの脂肪の80%は不飽和脂肪酸です。動脈硬化を防いで若さを保つリノール酸やオレイン酸などですから、コレステロールの過剰摂取につながる心配はほとんどありません。
また、体内の細胞の酸化を防ぐビタミンEが多いというのも特徴の一つで、ガンの予防、シミ・シワといった肌の老化防止にも効果が期待できます。
さらに、3大栄養素の代謝に不可欠なビタミンB群や、腸の働きをよくする食物繊維もたっぷり含まれ、タンパク質の含有量も果物の中ではトップです。そのほか、βカロテン・ビタミンC・カルシウム・カリウム・鉄などがバランスよく含まれており、しばしば「世界一栄養価の高い果物」といわれます。

[スポンサーリンク]

レモンをかければ変色を防げる

アボカドの果肉が空気に触れると、酸化作用によって色が褐色に変わるので、なるべく食べる直前に切りましょう。切ってから時間を置く場合は、レモンの絞り汁などをかけて酸性にすると褐変を防げますし、レモンのビタミンCがアボカドの脂肪の分解を助けます。

ガンや動脈硬化の予防、美肌効果もアップ

βカロテンやビタミンCを多く含む食品を組み合わせると、抗酸化ビタミンがトリオで摂れ、ガンの予防効果や美肌効果がアップします。
また、動物性食品を中心にした献立のデザートとして食べれば、豊富な食物繊維によってコレステロールの排出が促され、動脈硬化の予防に役立ちます。

過剰摂取には注意!

ただし、アボカドのエネルギー量は1個で250kcal以上あるので、肥満が気になる人は、ほかの果物と同じ感覚で食べすぎないようにしましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。