栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カプサイシン

脂肪を燃やすカプサイシン、でも摂りすぎには注意!

唐辛子はコロンブスによって中南米からスペインに持ち帰られ、その後世界中に普及しました。現代ではすっかり定番のスパイスとなっているこの唐辛子の辛味の主成分が、カプサイシンです。

効率的なエネルギー消費のメカニズムとは?

カプサイシンには、エネルギー代謝を盛んにして脂肪を燃焼させる効果があるとされています。
胃や小腸で吸収されたカプサイシンは血液によって脳に運ばれ、アドレナリンというホルモンの分泌を促します。アドレナリンには代謝を亢進させる作用があるので、肝臓や筋肉のなかに蓄積されたエネルギーのもとであるグリコーゲンが燃焼しやすい状態になります。
これは、効率的なエネルギー消費が可能になった状態といえます。つまり、効果的にエネルギーを燃焼させるためには、ウォーキングのような有酸素運動をする前にカプサイシンを摂ることがポイントになります。

[スポンサーリンク]

食欲増進や冷えとりにも

カプサイシンには、唾液や胃液の分泌を促したり、有害物質を殺菌したりする作用もあるので、食欲増進につながります。
また、血液の循環をよくして新陳代謝を活発にする作用もあり、冷えの解消にもうってつけです。

摂りすぎると胃粘膜の荒れや痔の原因に

カプサイシンが脂肪燃焼に効果があるということで、一時期若い女性たちの間で「マイ唐辛子」を持ち歩くことが流行りましたが、食べ過ぎると、強い刺激で胃粘膜を荒らしたり、吸収されなかったカプサイシンが腸で分解されず、便中に出てきたりします。また、排便のときに肛門に灼熱感や痛みを感じることが続くと、痔の原因にもなります。

減塩アイテムとしてもお役立ち!

なお、カプサイシンを上手に使えば、少量の塩分でも十分に塩辛さを感じることができるようになるので、塩分の摂りすぎを抑えることができます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2015年5月28日)
447 views