栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

アナゴの効能とおすすめレシピ、食品成分表

アナゴには、ビタミンA・Eや、カルシウム、EPA、DHAが含まれています。
その栄養効果として、血行促進、イライラ解消、認知症改善、コレステロール値低下、アンチエイジング効果などが期待できます。

アナゴの効能

アナゴは日本各地の内海あるいは内湾に生息しており、昼間は砂泥に穴を掘って潜んでいることからこの名がつきました。産地は瀬戸内海・有明海・東京湾などが有名で、関東では江戸前で捕れたものが最高とされています。

脂肪がうなぎの約半分と低く、食味も軽いのが特徴で、天ぷら・白焼き・蒲焼き・寿司種のほか、関西では八幡巻、広島ではアナゴ丼と地方料理も多彩です。

アナゴはビタミンAが特に豊富で、蒸したアナゴの場合はわずか100gで1日の目標摂取量が摂れます。また、老化予防に有効なビタミンEや、骨を強化するカルシウムも多く含まれています。

そのほか、不飽和脂肪酸のEPAが血行促進、動脈硬化・高血圧・がんの予防、アトピー性皮膚炎・ぜんそくといったアレルギー症状の緩和・改善、コレステロール値低下に役立ち、DHAが記憶力・学習能力の向上、情報伝達・神経組織の機能維持、認知症改善、コレステロール値低下、アレルギー症状の緩和・改善、がん予防に効果を発揮します。

EPA・DHAはエイコサペンタン酸とドコサヘキサエン酸のことで、これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、その効能が注目されている栄養素です。

アナゴは1年中出回っていますが、旬は夏です。透明感と弾力があり、体色のあめ色が褪せていないものを選びましょう。

[スポンサーリンク]

アナゴの人気&簡単レシピ

アナゴ丼

煮て余ったアナゴは汁気を切ってジップロックなどに入れ、冷凍保存可能。電子レンジで3分ほど加熱するか、蒸し器で強火で10分ほど蒸すとふっくら感がよみがえります。

アナゴの天ぷら

揚げると縮むので、カットするときは15cmほどにするのがおすすめ。アナゴは背から入れて揚げ、箸で形が変わらないように押さえつけると丸まりにくいようですよ。

アナゴの酒蒸し

野菜は何でもお好きなものでOK。器ひとつで作れるので後片付けも楽チンです。おもてなしには目にも美味しいように、器にこだわりたいところですね。

アナゴのひつまぶし丼

見ればご馳走のようだけど、実はとても簡単な一品。アナゴは刻みアナゴでも、錦糸卵を作るのが面倒ならいり卵でも、もみ海苔がなければ味付け海苔を手でちぎって振りかけてもOK。臨機応変に作りましょう♪

アナゴの玉子焼き

甘めの味付けですなので、好みに合わせて加減してください。タレ入りで焦げ付きやすいので 油は多めがおすすめです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
677 views