栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

下痢にも便秘にも有効!りんごは1日1個で医者いらず

りんごは、果物ではぶどう・柑橘類・バナナに次いで世界で4番目に多く生産されており、日本国内では、みかんに次いで2位の生産量です。

りんごがもたらすさまざまな健康効果とは?

りんごの特徴といえば、さわやかな酸味と甘味。それらのもとであるリンゴ酸やクエン酸などには、食欲を増進させる作用があります。さらに、

  • 疲労物質を分解して疲労回復を促す
  • 炎症を抑えて咳を止める
  • 糖質との相乗効果で精神を安定させる
  • 二日酔いに効果を発揮する

などの、さまざまな効果があります。

[スポンサーリンク]

皮ごと食べれば腸内環境も良好

もう一つの大きな特徴として、水溶性食物繊維のペクチンの豊富さがあります。ペクチンは、腸内の善玉菌を増やす働きをします。また、水分量の調節にも関与し、下痢のときにはぜん動運動を抑えながら腸の働きを整え、便秘のときには水分を含んで便をやわらかくしてくれます。
ペクチンは果肉よりも皮の部分に多く含まれているので、皮ごと食べるのが効果的です。下痢のときは皮ごとすりおろしましょう。

生活習慣病予防やアンチエイジングにも有効

ほかにも、高血圧予防に欠かせないカリウムや、骨を丈夫にするマンガンも含まれています。また、赤い皮にはアントシアニン、果肉にはケルセチンやカテキンといった成分が含まれています。これらはポリフェノールの一種で、抗酸化作用によって活性酸素を除去し、ガン予防、老化防止、糖尿病・動脈硬化の予防などに役立ちます。

より効果的に摂取するには?

りんごは、ほかの食品に含まれるビタミンCを破壊する酵素を含んでいるので、ジュースにする場合は、ビタミンCの少ないにんじんと組み合わせるのがベストです。
さらに、ヨーグルトやチーズなど乳酸菌を含む食品とりんごに含まれる食物繊維を一緒に摂れば、便秘解消効果がアップします。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]