栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

みかんは皮をざっくりむいて食べるのが正解!

柑橘類は世界中で食され、その種類は100種以上にもなりますが、日本で定番の柑橘類といえば温州みかんで、中国渡来のみかんから偶然できた品種です。

健康維持と美容効果の両方に優れた食材

みかんはビタミンCの宝庫で、3〜4個も食べれば1日の所要量(100mg)をまかなえるほどの含有量です。ビタミンCは風邪や血管の老化を防ぎ、シミ・そばかすなどの予防にも役立ちます。
ほかにも、ビタミンA・B群・E、カリウム、食物繊維のペクチンなども含み、健康維持と美容効果に優れた食材です。特に白いスジの部分には、食物繊維やビタミンC、抗酸化作用があるフラボノイドが多く含まれています。

[スポンサーリンク]

βクリプトキサンチンの含有量は特筆モノ

オレンジ色の色素成分(カロテノイド)に含まれるβクリプトキサンチンには強い抗酸化作用があり、ガンの発生を抑える作用があります。βクリプトキサンチンはほかの柑橘類にも含まれていますが、温州みかんの含有量が圧倒的に多く、輸入されるオレンジの100倍ともいわれています。
また、芳香成分のテルペンには、ストレス解消や神経の興奮を鎮める自律神経調整機能があり、疲労回復や血行促進に効果のあるクエン酸も含まれています。

神経質に皮をむくのはもったいない!

フラボノイドの一種であるヘスペリジンには、血管の抵抗性を高めて動脈硬化を防ぐ効果があり、豊富に含まれるカリウムとともに高血圧の予防が期待できます。
みかんの袋には、このヘスペリジンや食物繊維が含まれています。よく洗えば皮ごと食べることもできるので、できればあまり神経質にむかないようにしたいものです。

クエン酸との合わせ技で疲労回復効果アップ

みかんは、酢・レモン・梅などクエン酸の多い食品と一緒に摂ると、ビタミンCとの相乗効果によって疲労回復効果が高まります。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]