栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

アスパラギン酸

意外と知らない!?山菜の栄養と健康効果

野菜は野菜でも、山菜の栄養的価値についてはあまりよく知らないという人もいると思います。そこで、山菜の栄養がもたらす体にいい影響についてご説明します。

タラの芽

山のバターといわれるほど良質なタンパク質と脂質を含み、ビタミンも豊富です。また、βカロテンも多く含まれており、若々しい美肌づくりに役立ちます。

[スポンサーリンク]

ふきのとう

花粉症対策におすすめの山菜です。独特な苦味成分には、アレルギー症状や鼻づまりを抑える作用があり、咳止めにもなります。ノンカロリーで食物繊維を多く含むので、便秘を防ぎ、ダイエットにも最適です。

山うど

漢方では山うどの根を「独活」と呼び、神経痛や頭痛の緩和、解熱に重宝されています。人間はアスパラギン酸が不足すると抵抗力が弱まって疲れがたまりますが、山うどはアスパラギン酸を多く含むので、疲労回復へと導きます。

自然薯

滋養強壮食として古来より親しまれています。ネバネバ成分のムチンが強壮効果を発揮し、美肌効果・肥満改善・風邪予防に役立ちます。カルシウム・鉄・リンなども多く含み、細胞の増殖機能を促進して疲労回復を助けます。

わらび

乾燥わらびにすると栄養価が高まり、カリウムや鉄は10倍以上にも増えます。発ガン性物質のプタキロサイドを含みますが、アク抜きの工程で抑制されるので安心して食べられます。

ふき

豊富な食物繊維が大腸ガンの一因となる便秘を解消するだけでなく、利尿作用もあるため、血液中にある不要な塩分を排出する役目も担います。

ぜんまい

ビタミンA・C、食物繊維が豊富です。食物繊維が胃の中で水分を吸収して膨張することにより満腹感をもたらすため、食品の過剰摂取を未然に防ぐことができ、ダイエットにもおすすめです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。