栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

イヌリンを多く含む食材は?

イヌリンは、菊芋、チコリ、ゴボウ、玉ねぎ、にんにく、ニラなど色々な食品に含まれています。キク科の植物の球根に多く、このイヌリンという名称は、キク科オグルマ属の植物 (Inula) から抽出されたことに由来しています。

これら植物によって作られる多糖類の一種がイヌリンというわけです。つまり、自然界に存在する炭水化物の一種、果糖の重合体です。キク科の植物は球根に栄養源を貯蔵するための手段としてイヌリンを活用しているそうです。

イヌリンの含有量が特に多いのは菊芋やチコリです。
それぞれ100gあたりの含有量は、下記となります。

  • 菊芋 :12.5〜20g
  • チコリ:0.7g

その他、ニラや玉ねぎのイヌリン含有量はそれぞれ0.4gと0.3gとなっており、いかに菊芋の含有量が圧倒的に多いかを知ることができますね。

つまり、イヌリンを自然の食材で摂取したかったら、「菊芋の一択!」というわけです。

関連記事
イヌリンの効能 効果と注意点
菊芋のパウダーやサプリメントのおすすめも紹介しています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]