栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

キスの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

キスには、カルシウムやビタミンD、EPA、DHAが多く含まれています。

[スポンサーリンク]

キスの効能

キスとはキス科の魚の総称で、一般的にはしろぎすを指します。代表的な調理法は天ぷらですが、刺身や塩焼きなどでもおいしくいただけます。

脂肪が少ない白身魚で低エネルギーのため、ダイエット中でも安心していただけるだけでなく、消化がよいため、離乳食や病人食にも適しています。

また、豊富なカルシウムがマグネシウムとともに働いて骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症予防に役立つほか、血圧を正常に保って精神を安定させ、不眠症を改善する効果もあります。

さらに、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが比較的多く含まれているほか、血行促進、動脈硬化の予防、コレステロール値低下、記憶力・学習能力の向上、アレルギー症状の緩和に有効なEPAやDHAも含まれています。

EPAとDHAはエイコサペンタン酸とドコサヘキサエン酸のことで、これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、その効能が注目されている栄養素です。

キスは旬である夏の時期のもので、うろこがはげておらず、身がかたく締まっているものを選びましょう。
フライにした場合は、レモン汁をかけて食べると抗酸化作用のあるビタミンCが補えます。

[スポンサーリンク]

キスの人気&簡単レシピ

キスのさばき方と、キスの天ぷら

下処理を済ませて水で溶いた天ぷら粉を絡ませるだけにして冷凍保存しておけば便利。使いたいときに、すぐに天ぷらやフライを作れます。

キスの和風エスカベーシュ

漬け汁の量はキスの大きさによって加減してください。玉ねぎやトマトをたっぷり加えると、野菜不足解消にも♪

キスのチーズ焼き

チーズを落ち着かせるため、火を止めた後は絶対に3分ほど放置するのがポイント。お好きな野菜と盛り付ければ彩りも栄養価もアップします。

キスの南蛮漬け

玉ねぎには美容に欠かせないビタミンC、人参には抗酸化力に優れたβカロテンが豊富。特に野菜を食べる機会が少ない方は、ぜひたっぷり加えましょう。

キスのフライ

ある程度の小骨はフライにすれば食べられるので、くっついている骨だけをちぎって外しましょう。サクッ!ホクッ!な食感がクセになります。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]