栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

キンキ(キチジ)の栄養とレシピ、食品成分表

キンキには、EPAやDHA、ビタミンA・E、タウリンが含まれています。

キンキの効能

キンキはカサゴの仲間で、黄色みの強い血のような体色であることから「黄血魚(キチジ)」とも呼ばれます。鮮やかな朱色で、背びれの基部に黒斑があるのが特徴です。刺身や煮つけ、干物、粕漬け、唐揚げ、ブイヤベースなどに利用されるほか、仙台名産「笹かまぼこ」の原料としても知られています。

キンキに含まれる主な栄養素は、EPAやDHA、ビタミンA・E、タウリンです。そのため、血栓防止、アレルギー症状の緩和、コレステロール低下、脳の活性化、抗酸化作用、皮膚・粘膜の保護に役立つと考えられます。

EPAとDHAはエイコサペンタン酸とドコサヘキサエン酸のことで、これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、その効能が注目されている栄養素です。

キンキは、秋から初春の旬のものがおすすめです。また、体色の朱色が鮮やかで背びれの斑紋がくっきりしているものがよいとされています。酒粕に漬け込んでから焼くとやわらかい身が締まり、保存性も増します。

[スポンサーリンク]

キンキの人気&簡単レシピ

キンキの煮付け

煮ながら煮汁を何度もキンキにかけることで、全体に味が馴染みます。金目鯛とかでもおいしくできますよ。

キンキのお頭で潮汁

薄味なので、濃い味がお好きな方は塩を1/4足してください。生臭さが気になる方は、お頭をよく水洗いし、ザルに入れて熱湯をまんべんなくかけて下準備しましょう。

キンキのムニエル ハニーマスタードソース

にんにくは焦げやすいので、魚に香りがついたらスプーンですくい出してください。魚はカリッと焼くと目にも美味しそう♪

キンキのアクアパッツァ

今回はキンキをそのままフライパンに入れましたが、前もってトースターで焼いたり、熱湯で霜ふって臭みを取ったりすると、さらに美味しくなりますよ。

キンキの酒盗焼

焼き上がりに1〜2度漬けダレを塗って表面をまた焼くと、より味がのります。酢橘やレモンを絞って食べると最高♪

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




[スポンサーリンク]