栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

ミネラルはクエン酸のサポートで吸収率がさらにアップ

クエン酸は人体の中に存在する重要な有機酸の一つで、エネルギー補給に欠かせない物質です。レモンなどの柑橘類をはじめ、桃・梅・パイナップル・いちご・メロン・西洋梨・キウイなどの果実に多く含まれています。

食欲増進や利尿作用などの効果も

クエン酸は、筋肉疲労だけでなく神経疲労にも有効で、筋肉中に乳酸がたまって筋肉を固くすることが原因とされる肩や首筋のこり、筋肉痛の改善に役立ちます。
また、唾液や胃液の分泌を促して食欲を増進させたり、肝臓の機能を高めて肝臓病を予防・改善したりする効果や利尿効果なども期待できます。

[スポンサーリンク]

クエン酸回路とは?

糖質は分解されてグルコース(ブドウ糖)になり、エネルギー源として利用されますが、余った分は肝臓や筋肉に貯蔵されます。この貯蔵されたグルコースからエネルギーを作り出すための反応の一つがクエン酸回路です。
酵素によって分解されたグルコースは、さらに反応を繰り返しながらクエン酸回路を一巡し、エネルギーを生み出します。

胃が荒れているときの摂りすぎに注意!

クエン酸は、梅干し・レモン・みかんなどに特に多く含まれています。ただし、胃が荒れているときに酸味の強いものを摂取しすぎると症状が悪化することがあります。豚肉・牛乳などビタミンB群の豊富な食品と組み合わせて摂取しましょう。

ミネラルの効率的な摂取にも不可欠

クエン酸は、カルシウムやマグネシウムといった吸収されにくいミネラルの吸収を助ける働きがあります。カルシウムの多い牛乳や乳製品にクエン酸の豊富な果物を組み合わせたり、同じくカルシウムの多いイワシを梅干しで煮たりして工夫しましょう。マグネシウムが多く含まれるのは、緑黄色野菜・大豆・海藻・穀類などです。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]