栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カリウム

そうめんもトッピング次第で健康料理に!?

暦の上での夏が終わっても、残暑が続く間はまだまだそうめんが食べたくなるものですよね。そこで、そうめんをもっとおいしく、かつ健康的にいただくコツをご紹介します。

カロリーオーバーに要注意!

そうめんはごはんやパンと同じく炭水化物の仲間で、1人前を乾麺2束分とすると、1人前356kcalとなります。これは、ごはん軽く1杯分よりもプラス100kcal分も多い量に相当するため、一緒に天ぷらなどの揚げ物を食べすぎると一気にカロリーオーバーになってしまいます。少量にとどめましょう。

[スポンサーリンク]

野菜と一緒にいただくのがポイント

一方、食物繊維が比較的多いのも特徴で、白飯1杯分より5倍以上多く、玄米ご飯1杯分と同じくらいの量が含まれていますが、そうめんからだけでは必要な量の食物繊維は摂れませんので、野菜サラダなどを一緒に食べるようにしましょう。

体のお悩みに合わせた食材をプラス!

そうめんだけで食べると、栄養が炭水化物に偏ってしまいますので、体のお悩みを解消する食材をプラスして、よりヘルシーにいただくのがおすすめです。

高血圧

  • 納豆
  • ほうれん草
  • 切干大根

血圧上昇を抑えるカリウムが豊富。

血液をサラサラに

  • 海藻類

ぬめり成分・食物繊維・フコイダンなどが血中コレステロールを下げる。

  • アスパラ・なす

抗酸化作用が強く、動脈硬化予防に。

血糖値が高い

  • きのこ類・海藻類・こんにゃくなど

食物繊維が多く低エネルギーの食材。

便秘気味

  • 豆類・モロヘイヤ

便の量を増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を促す不溶性食物繊維が豊富。

疲れ・だるさ

  • レバー・うなぎ・牡蠣

疲労物質である乳酸を分解する働きのあるビタミンB1が豊富。

日焼け

  • いちご・キウイ・ブルーベリー

ビタミンCやポリフェノールが多く、皮膚細胞を酸化させる活性酸素を除去。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。