栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

βカロテン

野菜がもっとおいしくなる!毎日とり入れたい乾物の使いこなし術

もどすのに時間がかかって使いたいときにすぐ使えないなどの理由から、つい棚の奥に忘れ去られてしまいがちな乾物ですが、実は野菜との相性がよく、非常に使い勝手がいいのです。

わかめ

食物繊維が多く、特にアルギン酸という食物繊維は血圧やコレステロールを下げる作用があります。また、カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄など、日本人に不足しがちなミネラルも豊富です。わかめの色はβカロテンで、体内でビタミンAに変換し、免疫力を高めて風邪の予防に役立ちます。

わかめ×野菜

わかめはうまみ成分の豊富な野菜と好相性です。煮るなら、旬が同時期のキャベツと合います。また、油との相性もいいので、炒めものにもおすすめです。

[スポンサーリンク]

春雨

緑豆やさつまいもから抽出したでんぷんが原料です。鉄や亜鉛を若干含みますが、ビタミン類はほとんど含まれず、タンパク質・脂質も含まれません。
ただし、ほとんどがでんぷんのため、エネルギー源にはなります。栄養バランスをとるために、野菜や肉などと組み合わせて食べましょう。

春雨×野菜

麺感覚でたっぷりの野菜と合わせると、野菜の味が引き立ちます。味つけをしっかりするとボリューム感が出ます。

マカロニ

食物繊維はうどんと同程度含まれます。主成分はでんぷんで、エネルギー源にはなりますが、栄養バランスをとるために、野菜や肉などと組み合わせて食べましょう。

マカロニ×野菜

生野菜と合わせるときは、マカロニをやわらかくゆでると歯ごたえのギャップが楽しめます。ゆで野菜はやわらかくゆでるとマカロニになじみます。

番外編

ちなみに、ドライフルーツは甘味と酸味があるので、肉の煮物に使っても意外と合いますよ。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。