栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食の知識&健康

甘〜いお砂糖なのに太らない?イヌリンの不思議

イヌリンは、多糖類の一種です。糖質なので、甘んです。
そのため甘味料としても用いることができますが、なんとこのイヌリン、体内に吸収されないのです!
ダイエット画像
つまり、太らない!!

太らないだけじゃない!イヌリンの痩せる効果

イヌリンは水溶性の食物繊維です。そのため、ダイエットに悩む人にとっては、腸内で大活躍してくれるスーパーヒーローになりえます。

糖質の吸収を抑制する働き

イヌリンは腸で水分を吸収するとゲル状になり、一緒に摂った糖質の吸収を抑える働きを持っています。つまり、脂肪がつきにくくなります。
また、糖の吸収を抑制されると、血糖値の上昇を抑えることになるため、糖尿病予防にも効果的です。

便秘を改善し、老廃物を排出

イヌリンは腸内をゆっくりと移動し、腸のぜん動運動を促進します。腸に入ってきた食べ物を排泄するために、食べた物を移動させる腸の運動が活発になるため、便秘が改善されます。

善玉菌の餌になる

イヌリンは腸内ではじめて分解され、フラクトオリゴ糖となるため、腸内で善玉菌のエサとしても働きます。腸内の環境を整える効果も、ダイエットには嬉しい効果です。

イヌリンを摂取するには?

イヌリンは、菊芋やごぼう、にらなどの植物によって作られる多糖類です。特に菊芋は、その主成分が水溶性食物繊維のイヌリンとなっているので、イヌリンを摂取したい人にはまさにうってつけの健康野菜です。

乾燥菊芋の場合、主成分の約60%がイヌリンなので、菊芋のチップスやパウダーなどは手軽にイヌリンを摂取できる食品です。

関連記事
イヌリンの効能 効果と注意点
菊芋の商品やサプリメントのおすすめも紹介しています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




[スポンサーリンク]