栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンC

ブロッコリーの豊富なビタミンCをもっと生かして食べるには?

ブロッコリーは、βカロテン、ビタミンB群・C・Eを多く含み、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富です。

なかでもビタミンCの含有量は、1回使用量比較ではナンバーワンという優秀さです。また、ビタミンB2の含有量も野菜の中ではトップクラスです。

[スポンサーリンク]

栄養価はカリフラワーよりも上!

そのほか、ブロッコリーには、微量栄養素のマグネシウムや亜鉛、インスリンの効果を高めるクロム、さらに発ガン物質を解毒する作用を持つサルフォラファンという成分や、粘膜の損傷を治すなどの作用を持つビタミンU、血中コレステロール値を下げて善玉のHDLコレステロールを増やす葉緑素も含まれています。
カリフラワーと同じく野生キャベツの変種で、つぼみを食べますが、栄養価はブロッコリーのほうが上です。

効果は食品の組み合わせ次第

ブロッコリーに豊富に含まれるビタミンCを効果的に摂取するには、タンパク質やビタミンE、カルシウムと組み合わせるのがコツです。
タンパク質と組み合わせれば抗ストレスや美肌に、ビタミンEと組み合わせればガン予防に、カルシウムと組み合わせれば、イライラ解消や骨の強化に有効です。

ゆですぎは栄養的価値が半減する原因に

ブロッコリーは小房に分け、下ゆでをしてから使うのが一般的ですが、ゆですぎると、ビタミンCをはじめとする水溶性の栄養成分が損失してしまいます。鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々を加えて、少し歯ごたえが残る程度にゆで上げればOKです。
ゆでたあとは水にとらず、ザルなどに広げて手早く冷ましましょう。水にとると、味も香りも損なわれてしまいます。

日持ちしないので早めに使い切る

日持ちしないので、残りはポリ袋へ入れ、茎を下にして冷蔵庫で保存し、早めに使います。すぐに使わない場合は、かためにゆでて冷蔵または冷凍しておきましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。