食の知識&健康

「太ることは不健康である」は必ずしも正しくない!?

一般的に太っている方が、痩せているより圧倒的に不健康と考えられています。

しかし、ドイツのリューベック大学の研究によるとストレス状態にあるときは、太った人よりも痩せた人の方が不健康度は高いと言います。現代がストレス社会と言われる程、多くの人がストレスにさらされて生活していることを考えると気になる研究報告です。

なぜ、太った方が良いかというと、しっかり食べることで、ストレスを感じた脳が必要とする栄養素を十分に摂取できることになりますが、十分な栄養を摂らないと脳は筋肉や臓器などが必要とする栄養分やそこにある栄養分から必要な栄養分を補おうとするので内臓などの働きが弱るからということです。つまり。たくさん食べて太り気味の人は栄養不足でないので、身体が健康な状態で心が回復できるからということになります。

ストレスを感じると、食欲が増す人と、食欲がなくなる人の両方がいますが、健康の観点からは食欲が増す方が無くなるよりもベターと言うことになります。特に、痩せすぎタイプの人はストレスを感じた時には無理をしても食べないと体内の栄養分を脳に取られることで身体へのダメージが一層高くなります。平均寿命もやや太り気味の方が長いと言う統計データもあります。

[スポンサーリンク]

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。

初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。
免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]