栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

にんにく

疲れを翌日に持ち越したくない 〜 絶対的な疲労回復サプリメント

どうして疲れが取れないの?そもそも「疲れる」ってどういう状態?
ここでは疲れの状態と、その状態を回復するためのサプリメント活用法を紹介します。

「疲れる」とよく言いますが疲れとは一体どんな状態?

エネルギーが不足すると疲れて動けなくなるのは良くわかる疲れです。この場合はしっかり食べてエネルギー摂取すれば疲れは回復するはずですが、食欲があるのに疲れがとれない慢性疲労があります。

疲れは睡眠不足やストレスによっても生じます。
この疲れと言う症状は、身体が発してくれている重要なアラームです。このアラームを無視して頑張りすぎて、例えば、会社の命令で無理をした勤務を続けると最悪は過労死に至ることがあります。

疲れるという症状は放置しないで出来るだけ早く、疲れを取ることが大切です。特に、次に述べる絶対的な疲労度は早く取るようにしなければなりません。

ところで疲労と疲労感は同じ?

疲労と疲労感は、一般的にはあまり区別されて使用されていません。「疲労感」と言う単語は日常、使いませんが「疲労を感じる」という使い方は良くします。

実は、疲労は絶対的な疲労度で疲労感は相対的な疲労度です。

疲労感は、嫌な会議や学校の授業に出席するのは同じ1時間でも疲れますが、同じような姿勢で好きなテレビ番組を1時間見ても疲れは感じない過ごすことができます。
あるいは同じスポーツをしても試合に勝てば疲労感はあまり感じず、負けると疲労感は大きくなります。

同じ体力を使っても疲労感は違ってきますが、疲労度はそれには関係なくどちらの場合も同じになります。

疲労感は疲労を感じないことがあるので危険

疲労感は疲労を脳は感じていないものの身体は疲れている場合があります。
適度に疲れを感じる生活の方が身体を休めることができて健康な生活を送れます。自分には体力があると過信して、疲労感を感じずに疲労を蓄積させると急に身体が変調をきたし、最悪は突然死を招きかねません。

絶対的な疲労を摂るサプリメント

食欲が衰えて疲れが取れにくい場合は、多くの食品をバランスよく食べないと摂取できないビタミンやミネラルなどを総合的に含んでいるサプリメントが効果的です。
いつまでも続く慢性疲労は食欲だけではない問題も含まれているので、黒酢やにんにく、高麗人参などが効果的です。

●マルチビタミン・ミネラル

●黒酢&にんにく

●高麗人参

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。