栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

レシピ

白米と一緒に炊くだけじゃない!十六穀をもっと楽しむレシピ10選

十六種類もの穀物がブレンドされた十六穀米は、ビタミンB1や鉄など多くの栄養素を含んだ優れもの。

より多く雑穀を摂取したい人はもちろん、雑穀ご飯が苦手な人にも取り入れやすいレシピをピックアップ!白米と一緒に炊く以外にも、こんなに使えるんです。

[スポンサーリンク]

十六穀のチョコレートバー

ザックザク!雑穀の食感がヤミツキ♪市販のチョコレートバーの何倍もボリュームあり、ダイエット中に大好きなチョコレートをガマンしている人にもおすすめです。魚焼きグリルやトースターを使って焼くので、とても簡単。後片付けも比較的ラクチンです。

十六穀米ご飯ハンバーグ

十六穀入りで、便秘解消に効果がある食物繊維たっぷりハンバーグの出来上がり♪パン粉の代わりに十六穀を加えるだけで、あとはいつもと同じハンバーグの作り方でOK。面倒な手間は一切かかりません。噛むたび、プチプチ弾ける十六穀の食感を楽しめます。

発芽十六雑穀プリン

あの十六雑穀が、なんとプリンに大変身!ほろ苦いカラメルソースと、優しい甘さのカスタードプリン。そこに十六雑穀の素朴な風味がほんのり♪プチッと弾ける食感もたまりません。甘くておいしいスイーツで、苦しい便秘の原因にもなる食物繊維不足を解消!

発芽十六雑穀おはぎ

ただでさえ洋菓子より脂質が低く、体に優しいおはぎ。それが発芽十六雑穀で、さらにヘルシーに!ついでに栄養価もグンとアップ♪粒あんの小豆の食感と、雑穀ごはんのもっちり感がクセになってしまいそうです。いくらヘルシーでも、食べすぎには要注意。

お豆と雑穀のサクッとクッキー

雑穀はつぶしてから生地に加えるのがポイント。そうすることで、そのまま加えるより雑穀の甘みをさらに引き出すことができます。雑穀ならではのつぶつぶ感を大切にしたい場合は、完全につぶしてしまわないで、半ずりほどにとどめるのがおすすめです。

大豆と豆乳の十六穀スープ

にんにくが効いたパンチある十六穀入りスープ。十六穀に加えて具だくさんで栄養満点&ボリュームたっぷり!ダイエット中にぜひ取り入れたい一品です。十六穀の入れ方さえマスターすれば、具は好みでアレンジ自在。具を変えることで、飽きずに楽しめます。

雑穀の照り焼きチキン

十六穀ごはんで照り焼きチキン!?これはとても斬新な使い方!一体どんな風に仕上がるのか、見ものです。どうしても十六穀を取り入れる気持ちになれない人も、これなら抵抗なくおいしく食べられそうです。タレの甘辛さは、お酒のおつまみやお弁当の一品にもぴったりです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2016年9月29日)
2111 views