栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

かいわれ大根の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

かいわれ大根の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

かいわれ大根(芽ばえ・生)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

かいわれ大根(芽ばえ・生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 21kcal
水分 93.4g
たんぱく質 2.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (1.8)g
脂質 0.5g
トリアシルグリセロール当量 (0.2)g
飽和脂肪酸 (0.05)g
一価不飽和脂肪酸 (0.02)g
多価不飽和脂肪酸 (0.15)g
コレステロール (0)mg
炭水化物 3.3g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.3g
不溶性食物繊維 1.6g
< 食物繊維総量 > 1.9g
灰分 0.6g
ナトリウム 5mg
カリウム 99mg
カルシウム 54mg
マグネシウム 33mg
リン 61mg
0.5mg
亜鉛 0.3mg
0.03mg
マンガン 0.35mg
ヨウ素 12μg
セレン 0μg
クロム 0μg
モリブデン 6μg
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 1900μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 1900μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 160μg
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.13mg
ナイアシン(ビタミンB3) 1.3mg
ビタミンB6 0.23mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) 96μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.29mg
ビオチン(ビタミンB7) 5.6μg
ビタミンC 47mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 2.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.5mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 200μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン 0.1g
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: かいわれ
茎基部約1 cmを除去したもの 
かいわれ大根(芽ばえ・生)のアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 93.4g
たんぱく質 2.1g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (1.8)g
イソロイシン (94)mg
ロイシン (170)mg
リシン(リジン) (140)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (35)mg
含硫アミノ酸:シスチン (25)mg
含硫アミノ酸 <合計> (59)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (120)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (81)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (200)mg
トレオニン(スレオニン) (110)mg
トリプトファン (44)mg
バリン (130)mg
ヒスチジン (53)mg
アルギニン (120)mg
アラニン (130)mg
アスパラギン酸 (220)mg
グルタミン酸 (300)mg
グリシン (110)mg
プロリン (100)mg
セリン (100)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (2100)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: かいわれ
茎基部約1 cmを除去したもの
だいこん(葉・生)から推計
硝酸イオン: 0.1 g 
かいわれ大根(芽ばえ・生)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 93.4g
脂質 0.5g
トリアシルグリセロール当量 (0.2)g
脂肪酸総量 (0.21)g
飽和脂肪酸 (0.05)g
一価不飽和脂肪酸 (0.02)g
多価不飽和脂肪酸 (0.15)g
n-3系多価不飽和脂肪酸 (0.11)g
n-6系多価不飽和脂肪酸 (0.02)g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 (0)mg
(12:0) ラウリン酸 (0)mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 (1)mg
(15:0) ペンタデカン酸 (Tr)
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 (38)mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 (Tr)
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 (5)mg
(20:0) アラキジン酸 (2)mg
(22:0) ベヘン酸 (Tr)
(24:0) リグノセリン酸
(10:1) デセン酸
(14:1) ミリストレイン酸 (0)mg
(15:1) ペンタデセン酸
(16:1) パルミトレイン酸 (4)mg
(17:1) ヘプタデセン酸 (0)mg
(18:1) <計> (8)mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 (3)mg
(22:1) ドコセン酸 (0)mg
(24:1) テトラコセン酸
(16:2) ヘキサデカジエン酸
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 (25)mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 (16)mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 (110)mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸
(20:2) n-6 イコサジエン酸 (1)mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 (0)mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸
(20:4) n-6 アラキドン酸 (1)mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 (0)mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸
(22:2) ドコサジエン酸
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名: かいわれ
茎基部約1 cmを除去したもの
だいこん(葉・生)から推計 
[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]