栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

Page 3

ココナッツミルクの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ココナッツミルクの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ココナッツミルクには、中鎖脂肪酸やラウリン酸が多く含まれています。ココナッツミルクの栄養効果は、コレステロール値正常化、ダイエット、免疫力強化、アンチエイジングです。
ココナッツウォーターの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ココナッツウォーターの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ココナッツウォーターには、カリウムやマグネシウム、カルシウム、乳酸菌が多く含まれています。ココナッツウォーターの栄養効果は、ダイエット、むくみ解消、代謝促進、疲労回復、便秘解消、デトックス効果です。
リュウガン(龍眼)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

リュウガン(龍眼)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

リュウガン(龍眼)には、ビタミンB2やナイアシン、カリウム、コリン、食物繊維が多く含まれています。リュウガンの栄養効果は、生活習慣病予防、脳機能の維持・改善、認知症改善、コレステロール低減、整腸作用です。
はるみの効能とおすすめレシピ、食品成分表

はるみの効能とおすすめレシピ、食品成分表

はるみには、β-クリプトキサンチンやビタミンC、シネフリン、クエン酸、ペクチンが多く含まれています。はるみオレンジの栄養効果は、抗酸化作用、風邪予防、浄血作用、整腸作用、疲労回復です。
せとかの効能とおすすめレシピ、食品成分表

せとかの効能とおすすめレシピ、食品成分表

せとかには、β-クリプトキサンチンやビタミンC、シネフリン、クエン酸、ペクチンが含まれています。せとかの栄養効果は、抗酸化作用、風邪予防、浄血作用、整腸作用、疲労回復です。
清見オレンジの効能とおすすめレシピ、食品成分表

清見オレンジの効能とおすすめレシピ、食品成分表

清見オレンジには、β-クリプトキサンチンやビタミンC、シネフリン、クエン酸、ペクチンが多く含まれています。清見オレンジの栄養効果は、抗酸化作用、風邪予防、浄血作用、整腸作用、疲労回復です。
ライムの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ライムの効能とおすすめレシピ、食品成分表

ライムには、クエン酸やカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンC、フラボノイド、テルペン、食物繊維が含まれています。ライムの栄養効果は、疲労回復、風邪予防、アンチエイジング、整腸作用、ストレス緩和です。
しるこ(汁粉)、ぜんざいの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

しるこ(汁粉)、ぜんざいの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

江戸時代のおしるこは甘いものではなく塩味で調理されており、酒の肴として用いられることもあったとされていますが、現在のおしるこは甘みを増しており、甘味屋や茶店においては、口直しや甘味を際立たせるものとして、塩昆布や漬物など塩味の濃い食品を添えて出すことが多くなっています。
カスタードクリームの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

カスタードクリームの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

カスタードクリームはカスタードを用いたクリームで、うす黄色くとろりとしていて甘いクリームのことをいいます。シュークリームをはじめ、クリームパン・エクレア・ケーキ・タルト・ババロア・たい焼き・今川焼などさまざまなものに利用されています。
ガム(チューインガム)の特徴とおすすめ7選、栄養成分表

ガム(チューインガム)の特徴とおすすめ7選、栄養成分表

ガムは1848年にアメリカ合衆国でジョン・カーティスがパラフィンガムを発売したのが最初とされていますが、当時のガムには味がありませんでした。甘味料のほかに香料を加えた現在のような味つきガムが初めて発売されたのは、1869年のことです。
マロングラッセの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

マロングラッセの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

紀元前にマケドニアの英雄アレクサンドロス大王が妻ロクサネ妃のためにマロングラッセを作ったことから、ヨーロッパでは永遠の愛を誓う証として、男性から女性にマロングラッセを贈るという習慣があります。
チョコレートの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

チョコレートの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

2月14日のヴァレンタインデーにチョコレートをプレゼントするという習慣は1970年代に浸透しましたが、これは世界共通の習慣というわけではなく、日本のチョコレート協会がきっかけを作って習慣化したイベントです。
キャンディの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

キャンディの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

キャンディは煮詰めるときの温度により、高温で加熱して硬く仕上げるハードキャンディと、低温で加熱して柔らかく仕上げるソフトキャンディが作られます。前者にはドロップ、タフィ、バタースコッチなど、後者にはキャラメル、ヌガー、マシュマロなどがあります。
マシュマロの特徴とおすすめ5選、栄養成分表

マシュマロの特徴とおすすめ5選、栄養成分表

日本では加熱せずにそのまま食べるのが一般的なマシュマロですが、北米ではキャンプファイヤーやバーベキューの際にマシュマロを串に刺すなどして直火で焼いてとろけさせ、そのまま熱いうちに食べることも多くあるほか、焼いたマシュマロをチョコレートと一緒にクラッカーで挟むスモアというデザートも食べられています。
ラムネ菓子の特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

ラムネ菓子の特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

ラムネ菓子は昔ながらの駄菓子屋などで販売されているほか、現在ではパッケージングされたものがスーパーやコンビニなどでも買えるようになっています。ただし、近年では小売業の大規模化によって、単体で販売されるケースよりもおまけ付きの食玩として販売されるケースが多くなっています。
キャラメルの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

キャラメルの特徴とおすすめレシピ、栄養成分表

キャラメルは生クリーム・水あめ・砂糖・バターなどを熱して溶かし、それを冷やし固めることで作るソフトキャンディーの一種です。キャラメルは130℃前後での加熱によって作られ、歯にくっつくような食感が特徴であるのに対し、生キャラメルは100℃前後の加熱によって作られ、非常にやわらかいのが特徴です。

有機野菜を食べよう!そんなことを考えたことはありませんか? だからもう変なものは食べたくない! 健康寿命を伸ばして、美味しい食事の回数を増やそう♪ そう思って、我が家では有機野菜の定期宅配サービスを始めました。

有機野菜の宅配に「らでぃっしゅぼーや」を選んだ理由