栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

簡単に手作りできるりんご茶で高血圧・便秘・下痢を改善

りんご茶はりんごの皮で簡単に手作りできるお茶です。
りんごの主成分は糖分で、主に果糖とブドウ糖からなっています。酸はリンゴ酸とクエン酸です。

果物にしてはビタミンの含有量が少ないものの、ミネラルのカリウムや食物繊維のペクチンを多く含んでいます。

疲労回復・食欲増進

りんごに含まれるさまざまな有機酸によって、疲労回復や食欲増進に役立つといわれています。

胃もたれ改善

りんごの酸味のもとであるリンゴ酸とクエン酸が代謝を活発にするため、疲労回復や食欲増進のほか、胃もたれの改善にも効果があるといわれています。

便秘・下痢の解消

りんごに含まれる食物繊維のペクチンが腸に刺激を与えて便通を整えると考えられています。ペクチンが腸壁にゼリー状の膜を作るため、便秘のときは便をやわらかくして便意をもよおさせ、下痢のときには腸内へ有害物質を吸収するのを防ぐといわれています。

高血圧の予防・改善

りんごに含まれるカリウムには、体内の余分なナトリウムを排出して血圧を下げる働きがあるほか、血圧上昇作用のあるレニンの分泌を抑える効果もあるといわれています。

高脂血症の予防・改善

りんごに含まれるアップルポリフェノールが肝臓内での脂質合成酵素を阻害するとともに、脂質燃焼酵素の活性を高めるといわれています。また、ペクチンがコレステロールと水分の仲立ちをし、コレステロールを排出する働きもあるとされています。

りんご茶の作り方

  1. りんご1個分の皮を3日ほど天日干しし、乾いたら手で細かく裂きます。農薬が気になる場合は事前にりんごを酢水で洗うのがおすすめです。

  2. 鍋に1と水500mlを入れて3分ほど煎じたら、茶こしで濾して飲みます。

高血圧・便秘・下痢などでお悩みの方は、りんごを一日に1個食べるのが理想といわれています。りんごの皮の栄養をむだなく摂取するためにも、ぜひお茶にして飲んでみてはいかがでしょうか。

りんご茶(袋タイプ)×2袋【お試し送料無料】

りんご茶(袋タイプ)×2袋【お試し送料無料】

1,380円(03/24 21:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]