栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

ポリサッカライドを豊富に含む秋冬番茶で血糖値の上昇を抑制

秋冬番茶は四番茶ともいい、一年で一番最後に摘み取られるお茶です。三番茶の時期に茶摘みを行わずにじっくり育て、9月下旬から10月上旬にかけて茶摘みをしたもので、三番茶よりも味がよいとされています。

血糖値上昇抑制効果が実験により明らかに

夏の間にたっぷり日光を浴びた秋冬番茶は、紫外線から身を守るために分泌する成分であるポリフェノールを多く含んでいます。また、多糖類のポリサッカライドがとりわけ豊富で、血糖値を下げる効果が期待できることもラットを用いた実験により分かっています。

秋冬番茶の効果的な飲み方

  1. 秋冬番茶の茶葉約30gと水約1リットルを冷水ポットに入れ、冷蔵庫で一晩保存します。
  2. 翌朝に茶葉を取り出し、その浸出液を一日で飲みきります。

この毎晩の水出し茶作りをおよそ1ヶ月続けることにより、血糖値が下がる効果が表れる人もいます。人によっては先に血圧の低下が見受けられることもあります。
ただし、このポリサッカライドの血糖値を抑える働きは、秋冬番茶を水出しにしないと表れません。

一番茶(新茶)以外のお茶は味も栄養成分も若干劣るというイメージがありますが、この秋冬番茶のように、風味がよくて現代人の体のお悩みの改善が期待できるというお茶もあります。血糖値がなかなか改善されずに悩んでいるという方は、ぜひ飲み続けてみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]