栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティ

メシマコブ茶がNK細胞を増やしてがんを抑制

メシマコブは桑の古木に寄生するキノコですが、近年では桑の木の減少によって採取量が少なくなり、希少価値がとても高くなっています。

採取だけでなく栽培することも難しく、「幻のキノコ」とも呼ばれます。メシマコブという名前の由来は、長崎県男女群島の女島(めしま)に多く自生するコブ状のキノコというところから来ています。

抗がん作用

メシマコブに含まれるβグルカンが、体が本来持っているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やし、がん細胞の増殖を抑えるといわれています。

メシマコブ茶の煮出し方

  1. メシマコブ50gを包丁などで3~5cm角(栗くらいの大きさ)に細かく切ります。予め1時間程度水につけておくと切りやすくなります。
  2. 陶製またはガラス製の鍋に水2000mlと切ったメシマコブを入れて強火で熱し、沸騰したら中火にして煮出します。
  3. 湯量が半分ほどに減ったら火を止めてザルなどで漉し、煎液を別容器に移したらメシマコブを取り出します。
  4. 鍋に新たな水2000mlと、3で取り出したメシマコブを入れ二番煎じします。
  5. 鍋に新たな水2000mと、4で取り出したメシマコブを入れ三たび煎じます。

ただし、以上すべての工程に費やす時間は4時間以内とします。これで合計3000mlのメシマコブができますので、混合して冷蔵庫に保存してください。1回100mlとし、1日3回を目安に飲みます。また、煮出す際に乾燥なつめ(タイソウ)を10~20個入れると飲みやすい味になります。

ちなみに、メシマコブ茶に抗がん作用があるという説には賛否両論あり、今のところ専門家の間でもはっきりとした答えは出ていません。副作用も懸念されるため、常飲する場合は信頼できるメーカーのものを選びましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。