栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

健康茶・ハーブティ

甘いものや脂っこい食事が好きな方必見!ヤーコン茶が糖尿病対策に有効な理由

ヤーコンは南米アンデス山脈地方原産のキク科の植物で、日本国内では、1985年にニュージーランドから1万株輸入され、栽培が本格化しました。

血圧・血糖値を正常化して糖尿病を予防

ヤーコンの葉には、フラボノイドやテルペン類など、血圧・血糖値を正常化する成分が含まれているため、糖尿病などの予防が期待できると注目されています。したがって、ヤーコン茶はごはんや甘いもの、肉、脂っこい食事が好きな方に特におすすめのお茶です。

便秘対策

ヤーコン茶に豊富に含まれているフラクトオリゴ糖は、腸内環境を良好に保つ働きがあるとされています。ただし、慣れないうちはおなかがゆるくなりすぎてしまう場合がありますので、最初は飲む量を加減するのが無難です。

美肌効果

ヤーコン茶には、茶カテキン、テルペン、フラボノイド、ビタミンA・B1・B2・C、カルシウム、カリウムが豊富に含まれているため、ダイエット効果と同時に美肌効果も期待できます。

Amazonおすすめ(高レビュー評価)
オリヒロ ヤーコン茶100

楽天市場で人気のヤーコン茶
北海道産 ヤーコン茶(30ティーバッグ入り)

ヤーコン茶は一般的なお茶と比べて苦味やクセがありますが、煮出す時間を短めにするか、水やお湯で薄めると緩和されます。あるいは、緑茶の茶葉をブレンドして煮出したり、煮出した後で烏龍茶をブレンドしたりすることでさらに飲みやすくなります。あらかじめ玄米などがブレンドされたものも市販されているので、気軽に飲み続けられるのではないでしょうか。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。