栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

酷使して疲れた目にはブルーベリーティーのアントシアニンが効く!

ブルーベリーは北アメリカを原産とするツツジ科の落葉低木果樹で、春に釣鐘状の白い花を咲かせた後、青紫色の実をつけます。

その果実はブルーベリーティーにされるほかジャムなどにも利用され。目の健康によいことで知られています。

眼精疲労軽減・視力回復

ブルーベリーティーに含まれるアントシアニンにはロドプシンを合成して網膜を保護する働きがあるため、かすみ目や眼精疲労の緩和に役立つとされています。
また、アントシアニンは視力の向上にも有効といわれています。

アンチエイジング

ブルーベリーティーに含まれるアントシアニンには強い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素の増加を抑える働きがあることから、アンチエイジング効果も期待できます。

便秘解消

ブルーベリーティーには食物繊維が豊富に含まれているため、腸の働きを活発にして老廃物を排出することにより、便秘が解消されるといわれています。

尿路感染・風邪の予防

ブルーベリーティーには利尿作用や抗菌作用があるため、細菌を排出することにより、尿路感染や風邪などの予防を助ける働きがあるとされています。

ブルーベリーティーの淹れ方

茶葉で淹れる場合は、ポットにティースプーン1杯分を入れて熱湯を注ぎ、フタをしたまま3~5分蒸らします。
ティーバッグの場合は、ティーカップに1袋入れてお湯150ccを注ぎ、3分ほど蒸らします。

上記のほかにも、ブルーベリーティーには網膜保護作用・白内障予防・網膜症予防・血液浄化作用・細胞の新陳代謝促進といったさまざまな効果が期待できるといわれています。しかも、副作用などの注意点は通常の使用の範囲内では特にないとされていますので、健康維持のためにもぜひ継続的に飲み続けたいですね。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]