栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティ

むくみ・結石など腎臓系のトラブル改善にはクミスクチン茶

クミスクチンは中国南部・インド・東南アジアに分布するシソ科の低木多年草です。クミスクチン茶は日本では主に沖縄で愛飲されており、ウコン・グァバと並んで三大薬草茶と呼ばれています。

優れた利尿作用で結石を改善

クミスクチン茶には多量のカリウムが含まれているため、ヨーロッパでは100年以上前から医薬品原料(利尿剤)として利用されています。また、この利尿作用により、むくみや腎臓結石、尿路結石、腎臓炎、関節炎、リウマチなどを改善する効果も期待できます。

余分な皮脂を抑えて美肌に

クミスクチン茶に含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸には、糖分や脂肪分の吸収を抑える働きがあるため、肌の不要な皮脂を抑える効果があるといわれています。
また、ポリフェノールによる強い抗酸化作用により、老化防止や美肌づくり、皮膚炎の改善なども期待できます。

クミスクチン茶の飲み方と注意点

クミスクチン茶は1日2〜3杯を目安に飲みましょう。それ以上飲みすぎるとお腹を下してしまうことがあります。ノンカフェインなので子どもから年配の方まで、また寝る前でも安心して飲めますが、妊娠中の方は控えてください。たくさん飲んでもすぐに効果が出るわけではないので、適量を継続して飲むことが大切です。

Amazonおすすめ(高レビュー評価)
山本漢方製薬 クミスクチン茶100% 3g×20包

楽天市場で人気のクミスクチン茶
森のこかげ 健やかハウス クミスクチン茶 (3g×70p)ティーパック

クミスクチン茶は人によっては少し苦味を感じるかもしれません。その場合は、急須で緑茶やほうじ茶、烏龍茶などとブレンドすることで飲みやすくなります。ちなみに、クミスクチン茶とスギメをブレンドすると腎臓を強くしてくれる効果があるといわれており、クミスクチン茶にルイボスティーとゴーヤ茶をブレンドすれば、豊富なビタミンCによる美肌効果が期待できるとされています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。