栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

長生きの秘訣が満載!深むし茶の驚きのがん予防効果とは?

深むし茶は静岡県の牧之原台地が原産の緑茶です。江戸時代から明治時代に移り変わり、多くの浪人が仕事をなくしていたとき、この地に茶園を開拓したことが始まりといわれています。深むし茶は健康効果が高く、テレビなどでもよく話題になっています。

カテキンによる殺菌作用

深むし茶に含まれるカテキンは殺菌力が高く、赤痢菌など腸に感染する病原菌に大変有効であるほか、コレラ菌やO157にも効くといわれています。

さらにがん予防の効果も

緑茶の消費が多い地域ではがんによる死亡率が低く、かかる医療費も安いという調査結果が出ていることはすでによく知られていますが、これもカテキンの発がん作用の抑制効果によるものであるといわれています。

老化防止成分のビタミンEも豊富

深むし茶は茶葉が細かい粒子状になっているため、お茶が非常に濃い緑色をしています。この粉のような部分には、通常のお茶には多く含まれていないβカロテンやクロロフィル、ビタミンEなどが豊富に含まれています。特にビタミンEは老化防止に役立つ成分とされており、これが長寿の秘訣ともいわれています。
そのほか、ビタミンB1・B2やビタミンCも多く含まれており、これらの成分の含有量は紅茶やコーヒーよりも多いといわれています。

さまざまな生活習慣病を予防・改善

深むし茶は上記のほかにも、コレステロール値低下、心疾患予防、メタボ解消、脳血管疾患予防、抗酸化作用、免疫機能改善、血行促進、整腸作用などの効果があるといわれています。

深むし茶のおいしい淹れ方・飲み方

  1. 水を沸騰させて人数分の湯のみに注ぎます。
  2. 急須に茶葉を一人あたり4gを目安に入れます。
  3. 湯のみのお湯を急須に入れて30秒待ちます。
  4. 最後の一滴まで注ぎます。

なお、二煎目からは急須に直接お湯を入れてもOKです。二~三煎目までおいしく飲めます。

深むし茶が健康によいとされている理由として、長時間蒸すことによって茶葉の組織が破壊され、栄養成分が多く出るようになっているという点が挙げられます。また、粉状になっていることでその栄養を無駄なく摂取できるという点も大きな特長です。最後の濃いところに栄養がたくさんあるので、飲む際はくるくると混ぜながら細かい粉も忘れずに飲みましょう。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]