栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

香り高く味わい深い釜伸び茶で風邪や生活習慣病を予防

釜伸び茶は日本茶の主流である蒸し製手法ではなく釜煎製の手法で加工された緑茶の種類で、高温の釜で炒った後は精揉機で茶葉を細く撚れた状態に整えて製造します。茶葉がまっすぐピンと伸びていることが名前の由来となっています。

釜伸び茶に含まれるさまざまな健康成分とその効果

カテキン

釜伸び茶は、含有成分の中で特にカテキンの割合が14.10~18.16%(蒸し茶の煎茶は13.56~14.14%、玉露は10.04~10.79%)と緑茶の中でも極めて高濃度であることが注目されています。カテキンには、抗酸化作用・抗突然変異・抗がん作用・血漿コレステロール低下・血圧上昇抑制作用などがあるといわれています。

タンニン

釜伸び茶に含まれるタンニンには殺菌作用があるため、虫歯予防に役立つといわれています。また、脂肪分解酵素の働きを高める作用によるダイエット効果も期待できます。

ポリフェノール

釜伸び茶に含まれるポリフェノールには、細胞のがん化を予防したり、血糖値を下げて糖尿病を予防したりする働きがあるといわれています。

ビタミンC

釜伸び茶に含まれるビタミンCには、ウイルス感染への抵抗力を増して風邪を予防したり、肌に弾力性を与え、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制したりする効果があるといわれています。

釜伸び茶のおいしい淹れ方

  1. 釜伸び茶の茶葉を1杯あたり2gほどを目安に急須に入れます。
  2. 90度くらいの高温のお湯を人数分(1杯あたり90mlほど)注ぎ、1分半ほど蒸らします。
  3. お湯を廻し注ぎます。最後の1滴まで注ぎましょう。

釜伸び茶は香りが高くさっぱりとしており、深い味わいがあるのが特徴で、水色は透明感のある爽やかな緑色です。コクのある濃い緑茶が苦手という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]