健康茶・ハーブティー

肝臓の働きを高めたい人には玉胡蝶をブレンドしたお茶がおすすめ

玉胡蝶はノウゼンカズラ科の植物の種子で、薄い蝶の羽根のような形をしているのが特徴です。別名を「木胡蝶」または「千張紙」といいます。

玉胡蝶に期待できる効果・効能

玉胡蝶は咳や喉の痛みに効くとされているほか、解毒作用や肝臓を治療する効果もあるといわれています。また、細胞の老化を遅らせたり新陳代謝を高めたりする働きもあるとされているため、脂肪分解効果や美肌効果が期待できます。

玉胡蝶のおすすめブレンド

玉胡蝶そのものに味や香りはほとんどないため、他のお茶とブレンドして飲むのが一般的です。
なお、肝臓の働きを高める効果が期待できるのは、玉胡蝶・たんぽぽ茶・ゴジベリーティーのブレンドといわれています。

以上のように、玉胡蝶には美容と健康によい効果が期待できます。また、味や香りがほとんど感じられないからこそさまざまなお茶とブレンドしやすく、その効果・効能が得やすいとも言えるかもしれませんね。

[スポンサーリンク]

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。

初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。
免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]