栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

碾茶(てん茶)の覚醒作用とリラックス作用でメリハリのある毎日を

碾茶(てんちゃ)とは煎茶などのように茶葉を急須に入れてお湯を注いで飲むお茶ではなく、抹茶の原料になる茶葉のことで、玉露と同じくチャノキから茶の葉を摘むまで20日以上、藁や寒冷紗など遮光性の資材で被覆して日光を遮って育てた若い新芽を蒸して揉まずに乾燥したものです。
碾茶は日光を遮って育て、年の最初に摘んだ新芽で作った一番茶を原料とします。最初は煎茶の製造工程と同じですが、碾茶は蒸した後揉まずにそのまま乾燥させ、茎や葉脈などを除いた後に挽臼で細かく砕いたものです。

リラックス効果

碾茶に含まれるテアニンには興奮を鎮めて緊張を和らげる作用があるため、心身をリラックスさせる効果がや睡眠改善効果が期待できるといわれています。お茶を飲むとほっとひと息ついたような安らぎを感じるのは、テアニンによる癒やし効果によるものと考えられています。

美肌効果&アンチエイジング

碾茶に含まれるビタミンCには、シミを薄くしたり肌にハリを与えたりする美肌効果があるといわれています。また、ビタミンEには抗酸化作用があるため、肌の老化防止に作用し、アンチエイジングに効果的とされています。

覚醒作用・利尿作用

碾茶に含まれるカフェインには覚醒作用や利尿作用があるといわれています。脳の中枢神経を刺激することで覚醒作用が働き、眠気を防いで作業能力をアップさせたり集中力を高めたりしてくれるほか、運動能力の向上にも効果的と考えられています。

碾茶には健康と美容に役立つ栄養素が豊富に含まれており、これらの成分を効率的に摂取するには、碾茶を石臼で挽いて作った抹茶がよいとされています。碾茶の茶葉をまるごと摂取することになるため、成分をそのまま摂ることができるためです。
ちなみに、碾茶の茶葉を急須に入れてお湯を注ぎ、お茶として飲むこともできますが、碾茶は煎茶などと違い製造工程で揉む作業を行わず乾燥させたお茶であるため、お湯を注いでも葉が開かず薄いお茶になってしまいます。このことからも、碾茶を楽しむには抹茶になったものがおすすめです。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]