栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

バナナ茶の緩やかな便秘解消効果をダイエットに活用 ~ バナナに含まれる食物繊維ペクチンの話

バナナ茶とはその名の通りバナナを原料としたお茶ですが、バナナパウダーの他にもルイボスティーやヤーコンの葉、蓮の葉などさまざまな葉がブレンドされており、便通促進効果やデトックス効果などが期待できるといわれています。

バナナ茶に期待できる効果・効能

便通改善・むくみ解消

バナナ茶の主原料であるバナナには食物繊維のペクチンが多く含まれているため、体内で便のかさを増して便通をよくしたり、体に吸収される前の脂肪分を包んで排出したりといった効果が期待できます。
また、カリウムも豊富に含まれているため、利尿作用を促進して余分な水分の排出を促し、むくみを解消する効果もあるとされています。

ダイエット効果

ペクチンは食事で摂取した脂肪を包み体外へ排出する効果があるため、肥満予防に役立つとされています。また、カリウムは便通と水分排出を促す効果があるため、体内の老廃物が除去されやすくなり、代謝も上がることで痩せやすい体質づくりが期待できます。

バナナ茶の飲み方

バナナ茶は煮出しても付け出ししても作ることができます。アイスでもホットでもおいしく飲めますが、効果を期待する場合は食後に飲むのが理想的です。

バナナ茶の注意点

バナナ茶は、煮出す時間やティーバッグを入れておく時間などによって濃度を調節することができます。また、濃度の調節と同時にその効果も調節できるため、初めて飲む際は薄めのお茶から始めるのが無難です。

あくまでもお茶なので下剤のような効果はありませんが、体質によってはその効果が強く出すぎてしまうこともあるため、翌日が休みの日から始めるなど、自分の体に合わせてゆっくり摂取していきましょう。

また、バナナ茶の商品の説明には、妊娠中・授乳中の人、10歳未満の子どもは控えるようにとの記載があるほか、腎臓機能の弱い人は高カリウム血症を引き起こす恐れがあるため、主治医に相談してから摂取する必要があるとされています。

このように、バナナ茶は便秘解消からダイエットまで女性にうれしい効果が期待できるお茶ですが、その効果が高い分効きすぎたりカリウムを過剰摂取してしまったりというリスクもあるため、効果を焦らず、自身の体質や体調と相談しながら少しずつ始めることが大切です。

[スポンサーリンク]

むくみの大敵セルライトはマッサージと明日葉で撃退

セルライト専門のニューヨーク皮膚科医、グミリック博士とグラフ博士が薦める対策
  1. リンパや血液の流れをよくするマッサージ
  2. 糖分は避けて、緑葉野菜たっぷりの食事
でも緑葉野菜ってなかなか大変!という人は、日本古来の栄養野菜『明日葉』を試してみては?

Amazonや楽天でも評判の明日葉(粉末パウダー/粒)
セルライト」や「足の浮腫」のレビューがずらりと並び、評価平均は★★★★(星4つ)と人気です。
むくみの大敵セルライトはマッサージと明日葉で撃退

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]