栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

中国伝統の定番漢方、菊花茶で目の疲れを解消

菊花茶は中国で馴染みの深いお茶で、日常では花茶として親しまれています。菊花は生薬用途に2000年以上前から栽培されており、これを配合した漢方薬はとても多く存在します。

漢方の本場では眼精疲労解消の定番

一般的に目の疲れの解消といえばブルーベリーが思い浮かびますが、漢方の本場中国では「目の疲れ解消=菊花茶」というほど定番となっています。菊花茶には、豊富な栄養素に加えて消炎・鎮静など目の疲れを癒やす効能があるといわれています。

風邪対策からアンチエイジングまで

菊花茶はひきはじめの風邪の解毒効果や頭痛改善効果もあるといわれています。さらに、世界最古の薬学書「神農本草経」に「長く飲み続ければ老化を遅らせる」という記述があるように、アンチエイジング効果も期待できます。

豊かな香りでリラックス

菊花茶の特徴である豊かな香りには高いリラックス効果があるといわれています。リラックスした状態を保つことで免疫力が高まり、風邪対策やアンチエイジングにもよい影響を与えると考えられています。

菊花茶のおいしい淹れ方

  1. あらかじめ茶器をお湯で温めておきます。
  2. 菊花1~2g(花10個ほど)に対し、沸騰直後のお湯100mlを目安に注ぎ、約1分蒸らして飲みます。
  3. 1回分の菊花で4煎目くらいまでおいしく飲めます。

菊花茶は菊花だけをポットに入れてお湯で煎じても飲めますが、飲みづらい場合はハチミツや氷砂糖などを加えるとおいしく飲めます。中国ではほかのお茶にブレンドして飲むのが一般的で、上海では緑茶、香港ではプーアール茶に菊花をブレンドして飲むのが好まれますが、紅茶や烏龍茶などお好みのお茶に菊花を数個加えれば、さらにおいしく飲めます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]