栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

健康茶・ハーブティー

ノンカフェインで栄養豊富!六条大麦茶の知られざる生活習慣病予防効果とは?

大麦は、ビールなどお酒の原料として使われる二条大麦と、麦茶の原料として使われる六条大麦に大別できます。日本では大麦といえば六条大麦を指すのが一般的で、特に表示がなければ麦茶に使われているのは六条大麦、つまり「六条大麦茶」と「麦茶」は同じものと考えて差し支えないとされています。

六条大麦茶の「条」とは?

「条」という漢字は、箇条書きの「条」など物を数えるときに使う単位のひとつです。つまり六条というのは粒の見え方の数で、麦の穂を上から見ると麦の粒が6列に見えるということです。ちょうど六角形のような星型をしています。
一方、二条大麦は上から見ると2列の粒が大きく見えるため二条大麦と呼ばれるようになりました。

六条大麦茶に期待できる効果・効能

血液サラサラ効果

六条大麦茶に含まれる香り成分アルキルピラジンには血液をサラサラにする効果があるため、血栓防止に役立つといわれています。

高まった神経を鎮める

六条大麦茶に含まれるギャバには高まった神経を鎮める効果があるため、ストレス解消や不眠解消、血圧低下、PMS(月経前症候群)の緩和に有効とされています。

がん予防

六条大麦茶の原料である大麦には、アントシアニンに存在する酸のひとつであるp-クマル酸が豊富に含まれています。このp-クマル酸には抗酸化物質を活性化させる効能があるため、発がん性物質を抑える働きが期待できます。

高血圧予防・むくみ解消

六条大麦茶には、ナトリウムの排泄を促す働きがあるといわれるカリウムも豊富に含まれているため、塩分の摂りすぎに伴う高血圧の予防やむくみの解消に効果を発揮するとされています。

六条大麦茶は大麦を焙煎した抽出液で、茶葉ではないためカフェインは存在しませんが、市販品の場合は色付けのために烏龍茶などがブレンドされていることがあります。烏龍茶にはカフェインが含まれているため、カフェインの摂取に気をつけたい妊婦さんなどは選び方に注意が必要です。
また、六条大麦茶には体を冷やす作用があるため、特に妊娠中の過剰摂取には気をつけたいものです。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]