栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

メシマコブの効能 効果と注意点

メシマコブは、桑の木に寄生する抗ガン作用の最強キノコです。

メシマコブが良く効くのは、ガンの予防、免疫力の強化、生活習慣病の予防、糖尿病、アトピー性疾患、自己免疫疾患などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

メシマコブの効能

メシマコブは、長崎県の「女島(めしま)」に野生している桑の木に、コブ状に生育しているキノコです。昔から煎じ薬の漢方薬として利用されており、中国の古い文献にもメシマコブのことが記載されています。メシマコブは成長するまでに20〜30年もかかるとされる上、かつて人工培養は非常に難しく、製品化は困難だったため「幻のキノコ」といわれていました。近年、韓国でメシマコブの培養に成功したことから、健康食品などでも多く見られるようになりました。 既に、韓国ではメシマコブを医薬品として認定されています。

メシマコブの主要多糖体の1つであるグルコースが構成糖になっているβ-グルカンは、アガリクスなどにも含まれる抗腫瘍作用を持つ成分です。メシマコブのβ-グルカンの含有量は飛び抜けて多くありませんが、メシマコブに含まれるタンパク多糖体の刺激により、免疫力が活性化され、自然治癒力を増強し、その結果、他の健康食品と比べて非常に強い抗腫瘍作用が発揮されると考えられています。

メシマコブによる自然治癒力を高めることで、ガン治療に必要な化学療法や放射線療法による、体へのダメージを抑えることにもつながります。このような研究結果から、メシマコブは特に末期ガンの治療に注目されています。

なお、メシマコブには、「子実体を粉末やエキスにしたもの」と「菌糸体を培養して粉末やエキスにしたもの」の2通りがあります。 子実体を原料としたものに関しては、メシマコブノールというカフェー酸の由来物質が含まれていることが発表されました。カフェー酸は抗酸化物質の1つですが、このメシマコブノールは、子実体を原料としたものだけに含まれている物質であり、培養品のメシマコブには検出されない成分であることから、摂取する際には必要に応じて選ぶ必要があります。

メシマコブの種類と飲み方

メシマコブは、顆粒などがあります。

メシマコブの飲み方は一日3g(3包)を目安に、起床時、おやつの時間、就寝時に摂りましょう。メシマコブは空腹時に一日3回に分けて服用すると効果的です。

参考サイトの紹介

メシマコブに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.e-actio.com/mesimabasic.html

[スポンサーリンク]

希少キノコのメシマコブ

メシマコブは、日本では長崎県の女島(メシマ)という地域で多く採取されたこと、及び野生の桑の木に寄生してこぶ状になって育つことからメシマコブと呼ばれていますが、その名称は俗名です。
成長が遅く20年から30年間かけて、ようやく30センチほどまでに成長する程度です。そのため希少キノコとして珍重されています。

韓国政府は抗がん作用を認定

1960年代後半に、メシマコブに高い抗がん作用があると分かったと言われていますが、栽培や人口培養が困難なため「幻のキノコ」と呼ばれていました。
その後、韓国で培養技術が完成し、抗がん効果も立証されて韓国政府は抗がん剤に認定し医薬品として利用されていますが、国際データベースには、がん患者に対するメシマコブの有用性を示す研究論文はないとされています。
有効成分も国際データベースには報告がないとされていますが、ベータグルカン、アガリシン酸、アガリチンなどと言われています。

抗がん作用だけでないメシマコブの効果

抗がん効果が注目を集めていますが、昔よりメシマコブは漢方薬として使われ、止汗・利尿や免疫力アップに効果があるとされています。その他にも糖尿病などの生活習慣病の予防、アレルギー予防・改善に効果があります。副作用としては、大量に摂取すると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

まとめ

メシマコブは、長崎県の男女群島の女島(メシマ)でみられる、桑の本に寄生するコブ状のキノコのことです。メシマコブは霊芝やサルノコシカケと似た形をしており、傘の裏側が黄色い色をしているのが特徴です。このメシマコブは古来、中国では桑黄と呼ばれ、薬として用いられていました。
このメシマコブに強力な抗ガン作用があることを最初に注目したのは1968年、国立がんセンター研究所です。マウスによるガン細胞移核実験で、6種類の菌類を用いてガンの増殖阻止率をみたところ、メシマコブが96.7%と最高の数値となりました。当時はメシマコブは非常に特殊な場所でしか採取できず、また培養が困難であることから製剤化は実現しませんでしたが、近年になって国内で培養の研究が進み、また韓国が国家プロジェクトとしてメシマコブの研究開発に乗り出したことから、再び注目されるようになりました。

メシマコブの有効成分

メシマコブの基礎研究では、人間が本来もつ免疫機能のうち、ガン細胞を攻撃するNK細胞で2倍、NKT細胞で3倍、マクロファージなどの免疫細胞で3〜5倍、ガン細胞上に標識をつけるB細胞で129倍の活性を高めることがすでにわかっています。

最後に

臨床データで半数以上に改善がみられたほか、韓国では胃ガン手術後の補助治療にメシマコブが有効であったことも報告されているます。メシマコブを併用することで抗ガン剤の効果を高め、副作用も軽減するなどの働きも期待されています。

副作用がほとんどなく、口から摂って効果があるメシマコブは、糖尿病やアトピー、リウマチや膠原病などの自己免疫疾患にも効果が期待でき、日頃から免疫力を高めて強い体をつくっておく病気予防の知恵としておすすめできます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。