栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

糖尿病予防やダイエットにクロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、主にコーヒー豆やじゃがいもなどに含まれている成分です。
クロロゲン酸の栄養効果として、抗酸化作用、糖尿病・肥満・脂肪肝・動脈硬化・がんの予防などが期待できます。

[スポンサーリンク]

クロロゲン酸の効能

脂肪肝予防

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたまった状態をいい、メタボリックシンドロームを合併するケースが多く、動脈硬化の原因になるだけでなく、糖尿病を合併するケースもあるといわれています。
クロロゲン酸には、このような肝臓の病気につながる脂肪肝を予防する効果があります。

糖尿病予防

肥満や運動不足などの不規則な生活習慣によって血糖値が正常に保てなくなると、糖尿病が引き起こされ、さらに糖尿病が悪化すると、全身の血管や神経などに悪影響を及ぼし、やがて合併症や動脈硬化を引き起こします。

クロロゲン酸は、このような糖尿病の原因となる糖新生(乳酸や糖原性アミノ酸を原料として動物が体内で糖を合成すること)を抑えるため、糖尿病を予防する効果があるとされ、糖尿病の治療薬の活用に関する研究も進められています。

がん予防

クロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去して脂質の酸化を防ぐ働きがあるため、がんや動脈硬化の予防にも役立ちます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]