栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の効能 効果と注意点

セントジョーンズワートは、ドイツでは最高の抗うつ剤です。

セントジョーンズワートが良く効くのは、軽度のうつ病、不安を感じやすい時などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

セントジョーンズワートの効能

セントジョンズワートはハーブの一種で、日本では弟切草と呼ばれています。 ヨーロッパでは「悪魔を追い払うハーブ」と呼ばれ、古来よりやけどやケガ、切り傷などの外用薬として用いられてきました。

セントジョンズワートは主に神経伝達物質に作用する効果でも知られ、リラクゼーションサプリメントとも呼ばれています。これは、セントジョンズワートにヒペリシン、ハイパーフォリンという有効成分が含まれ、これらが脳内の安らぎを与えてくれるホルモンであるセロトニンを増やし、その結果、抗うつ剤としての効果を発揮すると言われています。

主に軽度〜中度の鬱症状や一時的な鬱症状にも有効とされており、研究結果でも、うつ病患者に使用されている処方箋と同程度の効果があり、しかも副作用も少ない、又は見られないという驚きのデータもあるなど、欧米では天然の抗うつ剤として注目されているハーブなのです。

また、生理痛の緩和や、胃潰瘍などの消火器系疾患にも効果があると言われているほか、最近ではエイズウイルスの増殖を妨げる作用があることが認められるなど、様々な研究が進められています。
このように、セントジョンズワートは、精神的な面だけでなく、内臓面のサポートにも頼りになるハーブです。

なお、抗うつ剤を使用中の方や、妊娠中、授乳中の方は使用を控えましょう。また、服用すると皮膚が太陽光に敏感になるので、強い太陽光に当たらないようにする必要があります。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の種類と飲み方

セントジョーンズワートには、錠剤、カプセルなどがあります。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の飲み方として、一日の目安量は全ヒペリシンとして0.2〜1.0mg相当です。軽度から中度のうつ病の場合に服用します。セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は、妊婦や授乳期間中は服用を避けましょう。他の抗うつ剤や喘息薬を服用している場合は医師に相談するようにしてください。光線過敏症がおこることがあります。

参考サイトの紹介

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)に関しては、以下のページが参考になります。
http://www.reluck.com/genki_kirei/seiyouotogiri.html

[スポンサーリンク]

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)サプリメントの効果と注意点

セントジョーンズワートは、一般的にセイヨウオトギリソウ呼ばれ黄色い花が咲く多年草のハーブです。医療目的で使用されたという記録は、古代ギリシア時代にまで遡るとされています。
また、アメリカ大陸では、ネイティブアメリカンが薬草として使用してきた歴史があります。

現代では、軽度から中程度のうつ病に効果があるとされています。
セントジョーンズワートには、ハイパフォリン、ヒペリシン、その他フラボノイドやタンニンなどが含まれています。うつ状態で気分が落ち込むと、脳内ではセロトニンの濃度が低下します。
しかし、セントジョーンズワートは、神経伝達物質を分解する酵素の働きを抑え、かつセロトニンが再吸収されることを防ぐので、結果として気分の落ち込みを改善させます。
効き目が現れるのに4週間かかると言われているので、継続して摂取すること必要です。

セントジョーンズワートは、ハーブとして販売され自由に楽しむことができますが、厚生労働省は、多くの薬物と相互作用の働きがあるので、注意をするように喚起を促しています。
そのため、持病があって、薬を処方されている場合は、医師と相談の上で利用するようにしましょう。
尚、主成分のピペリシンは、日光と反応することで皮膚が過敏になる症状が起こることがあるので、服用中は日焼けに注意が必要となります。

まとめ

セントジョーンズワートはアメリカで最も売れているサプリメントの1つで、和名を西洋オトギリソウといいます。セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)は、ドイツでは軽度から中度のうつ病、不安を感じやすいなど神経の動揺に対して最高の治療薬として承認されており、抗うつ剤として有名なプロザックの7倍以上も売れています。
1996年にイギリスの「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に、オトギリソウ(セントジョーンズワート)の抗うつ薬としての無作為臨床試験結果が掲載されました。これによれば、現在、医療に使用されている抗うつ剤とオトギリソウ(セントジョーンズワート)の効果は同等であるとされ、きわめて重要な点として処方薬のような副作用がないことをあげています。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の有効成分

セントジョーンズワートの効用は、ヒペリシン、フラボノイド類、キサントン類などの含有成分が脳の多くのシステムに同時に作用するためと考えられています。最近の研究ではセントジョーンズワートはプロザックと同様に「セロトニンの再取り込み阻害物質」として作用し、抑うつ状態を和らげることが確かめられています。

最後に

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の摂取量ですが、軽度から中度のうつ病に対しては、オトギリソウの抽出物300mg(ヒペリシンが一定して0.3%含まれていること)を一日3回摂るのが望ましいとされています。重度のうつ病でもその2倍の量を摂取すると、症状が改善することが報告されています。ただし重度の場合は、精神分裂や妄想の症状がない人に限ります。

ヒペリシンの効果は脳に徐々に蓄積されることで現われるので、どちらも4〜8週間摂り続けることが必要です。セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の副作用は、まれに胃腸の不調がいわれるくらいで無害に近く、安心して服用できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。