栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

にんにくの効能 効果と注意点

にんにくは、臭いのもとが元気を出させてガンも予防します。
にんにくが良く効くのは、コレステロール値が高い人、食中毒の予防、血栓症の予防、高血圧、ガンの予防、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

にんにくの効能

にんにくは、世界各地で日常的に使われている香味野菜です。古代エジプトでは、巨大な建造物のピラミッドを造りあげるスタミナ源であったといわれています。日本や中国でもこれまで、強壮薬として人々の役に立ってきました。

にんにくには、「アリシン」という特有の強い臭いを発する物質が含まれていますが、元は「アリイン」という無色無臭の結晶で、これを、おろしたり、切ったりして、空気中の酸素に触れると、アリシンに変わり、独特の香りを出すのです。アリシンは、にんにく独特の香りを持つ一方で、肉や魚のタンパク質と化合し、特有の臭みを消す消臭効果も持ち合わせています。

アリシンには強力な殺菌、抗菌作用があり、 赤痢菌やチフス菌やコレラ菌だけでなく、寄生虫駆除にも役立つだけでなく、保存料としての効果もあります。
また、血栓予防効果や、中性脂肪を低下させたり、コレステロールの吸収を抑え、また低下させるとともに、血管を拡張し血行を改善させ、高血圧や動脈硬化などの疾患の予防にも効果が期待できます。

さらにビタミンB1と結びつくと、「アリアチミン」という物質に変化し、これがエネルギーの補給に不可欠なビタミンB1の吸収を高め、体のだるさや体力低下などの症状を緩和することができるのです。この効果から、にんにくがスタミナ源と言われるゆえんなのです。また、にんにくにはアドレナリン分泌を促し、交感神経を刺激する働きがあるので、強壮作用も期待できます。

そして、にんにくに多く含まれているイオウ化合物が抗ガン作用に効果があるといわれています。

にんにくは刺激が強いため、食べすぎには注意が必要です。特に、空腹時に多量に摂取すると胃を痛めることになるので気をつけましょう。
また、取りすぎるとアリシンが赤血球の中からヘモグロビンを追い出してしまう性質があり、その結果、貧血を起こしてしまうことになるので、適量を摂取することが大切なのです。

にんにくの種類と飲み方

にんにくのサプリメントには、粒、カプセルなどがあります。
生にんにくを食べすぎると、胃潰瘍をおこすことがあるので、一日1片以上は摂らないようにしましょう。焼にんにくでも2〜3片程度に。「にんにく・無臭加工」は2粒で生にんにく約5gに相当します。一日の目安は2粒です。

[スポンサーリンク]

にんにくサプリメントの効果と注意点

にんにくは、球根を香辛料として利用する香味野菜でネギ科に属しています。にんにくは、5月頃に白い小さな花が咲きますが、にんにくとして栽培する時は、球根部分を太らせるために花芽は摘み取られます。摘み取った花芽のついた茎部分は柔らかいと料理に使用されます。

一般的なにんにくの球根は、数個に分球できますが、分球できない種類のにんにくもあります。尚、 注意が必要なのは、無臭にんにくと呼ばれるもの中には、品種改良して臭いを減少させたにんにく以外にも、にんにくと同じ種類ではないリーキ(ポロネギ)の変種であって別種となるものを無臭にんにくと呼ぶことがあります。

にんにく利用の歴史は古く、紀元前3000以上の昔の古代エジプトの時代より栽培されて食用され、またその効能の高さから薬としても利用されていた記録が残っています。
にんにくは強壮作用が強いので、僧侶として捨てなければならない淫慾などの煩悩を強めるとして、禅宗をはじめ各宗派の僧侶にとっては食べてはいけないものの一つににんにくがあがっています。
にんにくの栄養成分にはビタミンB1の吸収を高めて糖質の分解を促進するアリシンが多く含まれています。また、ビタミンB6が含有量は食材の中でトッププラスです。

アリシンとビタミンB1を一緒に調理して反応させるとアリチアミンができることが京都大学と武田薬品の共同研究でわかりました。このアリチアミンは、体内でビタミンB1に戻りますが、その際の体内への吸収率が極めて高くなり、かつ血中のビタミンB1の高濃度が長時間続くという効果があり、一般的なビタミンB1の摂取では得られない特性を持っています。
にんにくには、滋養強壮の他、がん予防、特に消化器系のがんのリスクを軽減する研究報告があります。

また、にんにくには強い殺菌力があり、食中毒を起こす腸管出血性大腸菌のO-157に対する効果を確認した研究成果もあり、消化器系の感染症に対する予防効果が期待できます。
その他、脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化の予防、肌荒れ、冷え症、便秘、風邪予防、食欲増進などにも効果があります。ただし、にんにくを食べ過ぎると貧血、ビタミンB2欠乏、肝機能低下という問題を起こすことがあります。

尚、にんにくを調理で切ることでにんにくの細胞膜が破壊され、にんにくの別々の細胞に含まれるアリインとアリナーゼ(またはアリイナーゼ)という酵素が反応することで強い臭いを発生するアリシンに代わります。

にんにくの有効成分まとめ

特有の香りが食欲をそそるにんにくは、古代エジプトの時代からスタミナ増強に利用されてきました。ピラミッドの墳墓の壁には建設に従事した奴隷に食べさせたにんにくの総量が象形文字で書かれており、過酷な労働を維持するスタミナ源であったことがうかがえます。
にんにくはエジプトから世界に広まり、各地でその効用が伝えられています。東洋でもインドの「アーユルヴェーダ」、中国の『神駿本草経』や『本草綱目』に、にんにくの幅広い効用が記述されています。日本では『古事記』に「蒜(ヒル)」の名前で登場しています。

このにんにくの有用成分は、主にアミノ酸の仲間のアリインです。アリインは交感神経を剌激して興奮状態にする作用があり、同時に体脂肪を燃やしてエネルギーに変えます。
動物実験でも、アリインの投与で交換神経の働きが活発なときに出るノルアドレナリンの分泌が増えていることが確認されています。加えて、にんにくには疲労回復効果の強いビタミンB1の吸収をよくする作用もあり、これらの働きが強壮効果につながっていると考えられます。

アリインはにんにくを切ったり砕いたりすることで、強い剌激臭のあるアリシンに変化します。アリシンは分解しやすく、にんにくオイルの主成分である二硫化ジアリルをはじめ、臭いの強い含硫化合物へと変わります。

にんにくにある含硫化合物には発ガン抑制作用があることが認められています。他にも抗酸化や抗菌作用、コレステロール低下作用、血栓抑制効果、血圧降下作用など、にんにくの幅広い効用が報告されています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。