栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

プルーンの効能 効果と注意点

プルーンは、生活習慣病への効果が期待できるサプリメントです。

プルーンが良く効くのは、貧血、便秘、肌の乾燥、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

プルーンの効能

プルーンとは、和名では「西洋スモモ」と呼ばれ、アメリカ・カリフォルニア州で主に生産されている果実です。

プルーンには多くの有効成分が含まれていますが、特に有名な成分は鉄分です。鉄分は非常に重要なミネラルで、赤血球や筋肉組織に存在し、酸素を運ぶ重要な役目があります。この鉄分は、殆どが出血で失われ、体内で生産することが出来ないため、食品やサプリなど外部から補給する必要があります。
鉄分が不足すると、体内に酸素を運べず、赤血球を作ることができないため、貧血を起こしやすくなります。鉄分は、吸収されやすいヘム鉄と吸収されにくい非ヘム鉄の2種類に分けられ、プルーンは吸収されにくい非ヘム鉄が含まれていますが、一緒にビタミンCや有機酸が含まれていることから、相乗効果により吸収率を高めることができ、貧血を予防することができます。

その他、ペクチンという水溶性食物繊維やビタミンA、カリウムなども豊富に含んでいます。
食物繊維は整腸効果があり、量を増やすため便秘も解消でき、発ガン性物質など、体に不要な物質を体外へ排出する効果があります。
また、豊富なミネラルやビタミンには、骨や皮膚を健康にし、血管を強化する働きもあります。ポリフェノール類も多く含んでおり、抗酸化作用を持っているため、生活習慣病やガンの予防にも効果があります。

ただし、プルーンは過剰摂取すると下痢になることがあるので摂取には注意が必要です。

プルーンの種類と飲み方

プルーンは乾燥させたドライフルーツと濃縮したプルーンエキスがあります。

プルーンの飲み方として、一日の摂取目安量は、プルーンエキスで55gです。

参考サイトの紹介

プルーンに関しては、「カリフォルニアプルーン協会のプルーンの基礎知識」が参考になります。
http://www.prune.jp/about/about.html

[スポンサーリンク]

プルーンサプリメントの効果と注意点

プルーンは、バラ科の果樹で日本名はセイヨウスモモです。果実は中心に大きな種を持ち、主に乾燥させてドライフルーツとして食べることが多いですが、生でも食べることができます。

プルーンには、カロチン、ビタミンC、ビタミンB群、葉酸、カリウム、食物繊維、鉄分、アントシアニンなどの栄養成分が含まれています。抗酸化作用の強いポリフェノールの一種であるアントシアニンには、目の疲れや視力回復効果の他、血圧抑制、肝機能アップ、血液をきれいにし血管強化作用、骨粗しょう症予防効果などがあります。

米国農務省栄養データベースによると、ドライプルーン100gあたり、食物繊維 7.1g、カルシウム 43mg、鉄分 0.93mg、マグネシウム 41mg、リン 69mg、カリウム 732mg、ナトリウム 2mg、亜鉛 0.44mg、ビタミンC 0.6mg、ビタミンB6 0.2mg、葉酸 4mcg_DFE、ビタミンA 39mcg_RAE、ビタミンE 0.43mg、ビタミンK 59.5μg、βカロテン 394μg含まれています。
プルーンに含まれる食物繊維は、水溶性と不溶性両方の食物繊維です。また、プルーンは血糖値の上昇させる度合いを示すGI(グリセミック指数)値が29と果物の中でも低い方になり、糖尿病予防やダイエットに向いている食品です。

まとめ

プルーンは西洋スモモのことで、白い花を咲かせる落葉樹です。アンズと比べて酸味が少なくて甘みが多いのがプルーンの特徴です。プルーンの果実は6〜7月に熟します。プルーンは、女性の間では貧血や便秘薬代わりとして利用されています。
欧米ではミラクルフルーツとして長寿の食べ物とされ、プルーンが愛用されてきました。朝食にプルーンを食べる欧米の習慣は、生活の知恵でもあります。ヨーロッパでもまた、古くから便秘薬としてプルーンが食べられてきました。
日本では欧米ほど食べられていないとはいえ、若い女性なら、プルーンはほとんどの人が知っていることでしょう。コンビニエンスストアなどでもドライフルーツ状のプルーンが売られています。

プルーンの有効成分

プルーンは果物の中でもビタミンA、B1は他の果実に比べて数倍多く、B2、ナイアシン、パントテン酸、ピリドキシンなど豊富なビタミン群をバランスよく含んでいます。
またプルーンは、鉄分が豊富で、増血作用があるため、女性に多い貧血に効き目があることが認められています。

最後に

プルーンは、鉄をはじめとしてカリウム、カルシウムなどミネラル分か多く、なかでも塩分を対外に排出するカリウムは日本人には大切な栄養素です。

さらにプルーンは食物繊維が多いことから、便秘の解消にも効果があり、自然の便秘薬といえるでしょう。プルーンは、他の果実と比べて豊富に含まれているビタミンAの作用で、乾燥肌の予防など肌を若く保つ効果があります。
最近では、プルーンに抗酸化作用があることもわかり、生活習慣病の予防にも期待できるとして、注目されています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。