栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

バレリアンの効能 効果と注意点

バレリアンは、快眠とリラックスが体感できるハーブです。

バレリアンは、ストレスが多い、寝つきが悪い、眠りが浅い、緊張しやすい、肩や首がこりやすい、生理痛などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

バレリアンの効能

バレリアンとは、和名で西洋かのこ草と呼ばれ、ヨーロッパ原産のオミナエシ科のハーブです。ラテン語のValereで「健康になる」、「強くなる」と言う意味を持ち、古代からギリシャでは安らかな眠りを与えてくれる植物として利用されていました。ドイツ、ベルギー、フランスでは医療用ハーブとして認められ、ヨーロッパでは1年に約1500万個が消費されると言われています。

バレリアンは薬用として根の部分が利用されていますが、これを乾燥させるとネズミや猫をひきつけると言われる独特の臭いを発します。この臭いのもととなる成分が吉草酸を始めとするテルペン類やアルカロイドなどの有効成分です。
これらの成分の作用により、脳内にある神経伝達物質、ギャバ(GABA)の分泌を高める働きがあります。ギャバにはイライラを抑える働きがあるため、バレリアンを摂取すると、ストレス解消や、睡眠を促し、筋肉の緊張を和らげると同時に緊張型の頭痛や腹痛、首や肩のこり、喘息、緊張性の胃痛や腹痛、生理痛を改善する効果も期待できます。

バレリアンには副作用が報告されておらず、安心して使用できるハーブですが、決められた量を守ることと、医薬品でもある睡眠薬や抗うつ剤、抗不安定剤などと一緒にとると、睡眠効果が強くなる恐れがありますので、避けたほうがいいでしょう。

バレリアンの種類と飲み方

バレリアンは特有の強い臭いがあるので、糖衣錠に加工されているのが一般的です。

バレリアンの飲み方として、錠剤の場合は一日3錠が目安です。

参考サイトの紹介

バレリアンに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/barerian/

[スポンサーリンク]

バレリアンサプリメントの効果と注意点

バレリアンは、和名をセイヨウカノコソウというオミナエシ科カノコソウ属の多年生植物です。バレリアンの根や茎には、不眠症や精神高揚等に効果がある成分が含まれており、薬草としてヨーロッパなどで用いられています。
その効果は高く、ドイツでは薬として不眠症、精神不安への使用を承認している程です。

また、バレリアンに含まれる成分が、脳内神経伝達物質ギャバ(GABA)の分泌を高め、分泌されたギャバには、ストレス緩和、睡眠促進、筋肉の緊張緩和を促す働きがあるので、不眠、精神不安、ストレスなどの解消に効果があり、また筋肉の緊張をほぐすことから、緊張で生じる頭痛や腹痛、こりなどを改善する効果が期待できます。

ヨーロッパが原産の植物であることから、ヨーロッパでは非常に多くの人に利用されています。日本では、医薬品としてではなく非医薬品に分類されているためサプリメントとして販売されており、自由に摂取できることから手軽に利用できる反面、副作用による被害も見られます。

主要な成分には、吉草酸、テルペン類、アルカロイド類です。不眠症や睡眠導入剤として、不安、ストレス解消に有効とされていますが、過剰摂取することで副作用や長期服用による習慣性がつくことが報告されています。
但し、容量、用法を間違わなければ安全で効果は高いので、その点に注意すれば大きな問題ないと考えられます。
バレリアンの成分は肝臓で分解されるので、肝機能不全であれば摂取してはならないとされています。また、妊娠中は流産のリスクが高まる可能性があるので摂取してはならないとされています。

まとめ

バレリアンは、古くギリシャ時代から心地よい眠りとリラックスのハーブとして親しまれてきました。副作用のない、穏やかな精神・神経鎮静効果はストレス過多の現代社会でもバレリアンが重宝されており、アメリカでは常に上位の人気を誇るサプリメントです。
白い房状の花をつけるバレリアンは観賞用として栽培されることもありますが、ハープや薬として利用される根には独特の強い臭いがあります。この臭いのもとであるイソ吉草酸が活性成分の1つとされています。神経伝達物質のガンマアミノ酪酸(γアミノ酸)の代謝に関与していると考えられ、バレリアンは脳の中枢神経を穏やかに抑制するとみられています。
バレリアンはリラックス効果とともに、誘眠作用にも優れており、スイス、フランス、ドイツでは不眠治療薬になっています。

バレリアンの有効成分

睡眠効果をみるための臨床実験では、バレリアンを服用するといつもより早く眠りにつけ、ぐっすりと眠ることができたと答えた人が多かったという結果が出ています。とくに不眠症や、不規則な睡眠をしている人に、バレリアンによる改善傾向が強く出ました。

最後に

また、バレリアンは筋肉の緊張をほぐす慟きもあり、首や肩のこり、喘息、緊張性の胃痛や腹痛、生理痛を改善する効果も期待できます。高い安全性もバレリアンの特色で、子どもの癇の虫の薬としても使われるほどです。

日本には江戸時代の後期に蘭方薬としてバレリアンが伝わり、カノコソウの名前で鎮静剤として利用されましたが、民間治療薬としては広まりませんでした。しかし、そのストレス解消効果が徐々に知られてきており、バレリアンは、これから人気を集めそうなサプリメントです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。