栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

乳酸菌の効能 効果と注意点

乳酸菌は、腸内をきれいに元気にしてガンも予防します。

乳酸菌が良く効くのは、免疫力の強化、お腹をこわしやすい、ガンの予防、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

乳酸菌の効能

乳酸菌とは糖を分解して、大量の乳酸をつくる細菌の総称で、人間や動物の腸に生息している腸内細菌のうち、善玉菌の代表です。腸内に棲む腸内細菌は、およそ100兆個とも言われ、重さ1キログラムにもなります。
そのうち乳酸菌を初め酵母菌の善玉菌は最大約40兆個と言われています。
種類も非常に多く、この乳酸菌の発酵過程で、食品の風味や保存性が良くなることから、世界各地で、その地域の風土にあった発酵食品に広く利用されています。
乳酸菌の効能は、ヨーグルトを日常的に食べているブルガリア地方の人々が、他の民族に比べて長命であることに着目され、研究が始まりました。

また、乳酸菌は動物性と植物性に分けられ、動物性乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品、植物性乳酸菌は漬け物や味噌などにも含まれているのです。中でもぬか漬けの「ぬか」には、植物性乳酸菌がたくさん含まれていると言われています。
乳酸菌は、腸の活動を高めて、食物の消化吸収を助けると共に、整腸作用を促して便秘や下痢を防ぎます。そのほかにも、腸内を酸性に保ち、有毒物質を作り出す腐敗菌や病原菌の働きを抑え、腸内で発ガン物質の合成を妨ぐ作用や細菌やウィルスへの抵抗力を高める免疫増強作用もあるのです。

しかし残念ながら、乳酸菌の特質として、99.9%が胃酸で死んでしまうということも明らかになっています。このため、普通に乳酸菌を摂取しても、生きた乳酸菌がそのまま腸まで届くことは残念ながらほとんどありません。
だからと言って、乳酸菌を摂取してもまったく腸に効果がないというわけではなく、胃酸や胆汁で死んでしまった乳酸菌の死骸は腸に棲む善玉菌のエサになり、その結果、善玉菌を増やすことになるのです。

こういったことから、最近では乳酸菌を直接腸に届けるのではなく、現在腸内に存在する善玉菌に栄養を送ろうとする健康法も出てきました。これがプロバイオティクスというもので、今現在、これで乳酸菌を摂取する方法への期待が集まっています。

乳酸菌の種類と飲み方

乳酸菌のサプリメントには、エキス、粉末、カプセルなどがあります。

乳酸菌の飲み方は、乳酸菌原末として一日5gが摂取の目安です。

参考サイトの紹介

乳酸菌に関しては、「ダノンの乳酸菌について」が参考になります。
http://www.danone.co.jp/health/bacteria/lactobacillus/

[スポンサーリンク]

乳酸菌サプリメントの効果と注意点

乳酸菌という菌はなく、乳酸菌とは発酵によって乳酸を生成し、かつ悪臭を発生する物質を生成しない細菌の総称です。
乳酸菌は、生成した乳酸による比較的軽い酸性の環境で他の細菌が増殖をすることを抑制しながら、自身はその環境で良く増殖する性質をもっています。

一部の乳酸菌は腸や膣に常在して、他の病原菌から身体を守る役割も果たしています。
乳酸菌として、食品や飲料に良く利用されているのは、たくさんある乳酸菌の中で以下の6属です。

ラクトバシラス属
ラクトバチルスとも呼ばれ、ヒトや動物の消化管にも多く生息している乳酸菌です。
ビフィドバクテリウム属
一般的にビフィズス菌とも呼ばれている乳酸菌です。
エンテロコッカス属
回腸、盲腸、大腸に多く生息している乳酸菌です。
ラクトコッカス属
牛乳やヨーグルトやチーズ等の乳酸発酵食品に多く含まれている乳酸菌です。
ペディオコッカス属
ピクルスなどの発酵植物製品に多く含まれている乳酸菌です。
リューコノストック属
キャベツの漬物であるザワークラウトなどの発酵植物製品に含まれている乳酸菌です。

乳酸菌の効能としては、善玉菌を増やし悪玉菌を減らして腸内環境を良くすること、免疫力アップ、がん予防、アレルギー予防、便秘改善、肌荒れ予防などがあります。

まとめ

私たちの腸内には約100種類、100兆個ともいわれる細菌が住んでいます。これらの細菌はよい働きをする有用菌と、悪い働きをする有害菌、その中間に位置する無毒な菌に分けられます。その有用菌の代表が乳酸桿菌やビフィズス菌などの乳酸菌です。
乳酸菌もまたいろいろな種類があり、体の内外の至るところに存在します。ただ、乳酸菌のすべてが人間の腸内で生きられるものではなく、人間の腸内に生きたまま到達するビフィズス菌や乳酸桿菌のL・カゼイ、L・アシドフィルス等の「腸内乳酸菌」と、主にヨーグルトなどのスターターとして用いられる「酪農乳酸菌」に分類されます。これらの乳酸菌が腸内でどんな働きをするかというと、本来の働きである乳糖やブドウ糖を分解して乳酸や酢酸をつくることで腸内運動を活発にします。これが便通を整えて有害菌や病原菌の増殖を抑えます。

乳酸菌の有効成分

また乳酸菌は、腸内に住む有用菌の乳酸桿菌やビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。加えて有害物質の吸着や排泄も乳酸菌が果たす重要な役割です。こうした乳酸菌の作用の相乗効果により免疫機能が活性化し、ガンや感染症に対する抵抗力の増大につながるのです。

最後に

乳酸菌が含まれる食べ物というとヨーグルトがよく知られています。ヨーグルトも便秘の解消や腸内環境を整える効果がありますが、サプリメントは純粋に乳酸菌だけを培養しているので、効果はヨーグルトよりはるかに大きなものになります。

また、ヨーグルトのようにカロリーや糖分を一緒に摂取することがないので、乳酸菌のサプリメントはカロリー制限やダイエットを行っている人にもすすめられます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。