栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

プーアル茶の効能 効果と注意点

プーアル茶は脂肪の吸収を抑えるので、食事中に飲むことで健康的なダイエット効果が期待できます。

プーアル茶が良く効くのは、コレステロールや中性脂肪の低下、消化促進などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

プーアル茶の効能

プーアル茶とは、緑茶にコウジ菌を付けた後で発酵させるお茶で、別名「後発酵茶」と呼ばれる黒茶です。

プーアル茶は、お茶の中で唯一、脂肪分解酵素でもあるリパーゼを含む黒コウジ菌によって発酵がなされています。そのため、摂取した脂肪分を体外に排出するほか、コレステロールや脂肪酸を低下させる効果があります。
そして、プーアル茶に含まれるカテキンにも、体脂肪を減らす効果があるほか、消化を促進し、体内に入った菌を退治する殺菌効果もあるため、ウィルス性の風邪の予防にも効果があります。
このように、脂肪の吸収を抑えるので、食事中に飲むことでダイエット効果が期待できます。

そのほかにも、ビタミンB群、ミネラル、マグネシウムなどの成分が相乗的にダイエットの効果をサポートするため、健康的にダイエットできるのです。

また、プーアル茶は、お茶とコウジ菌の発酵により発生した17種類ものアミノ酸の効果により、ポリフェノールが身体を持続的に温め、免疫力を高める働きがあることから体を温めるお茶とも言われています。

参考サイトの紹介

プーアル茶に関しては、以下のページが参考になります。
http://hojotea.com/jp/posts-829/

[スポンサーリンク]

プーアル茶の働きと注意点

プーアル茶は、中国のラオス、ミャンマー、ベトナム、タイ等と国境を接する雲南省が原産の中国茶(黒茶)で生茶と熟茶の2種類があります。
塾茶は、 酸化発酵を止めた緑茶を発酵させて作られ、時間をかけて天日で熟成させて作られるのが生茶です。
中国ではプーアル茶と言えば生茶のことで、熟茶は主に輸出用として作られています。

数十年をもかけて作られるプーアル茶の生茶もあり、それは非常に高い価格で取引されます。
一方、熟茶は、生茶の年代を経て作られる風味を短時間で量産できる方法として、1973年から生産されています。生茶に比べると色が濃く、暗褐色をしています。

プーアル茶のダイエット効果

プーアル茶は、ダイエット効果があると言われています。脂肪の吸収を抑える効果があるので食事時に飲むことで太りにくくなるという意味でのダイエット効果が期待できます。また、脂肪を分解する酵素のリパーゼを含むコウジ菌で発酵して作られるので、コレステロールや脂肪酸を減らす効果も期待できます。

しかし、プーアル茶でダイエットを期待して、たくさん飲むことはお勧めではありません。
食事とともに楽しむ感覚で長く続け、ダイエットとしては、消費カロリーを摂取カロリーよりも減らす努力をすることが王道の方法です。

ダイエット効果だけでないプーアル茶

プーアル茶は、ビタミンB群、ポリフェノール、ミネラル分のマグネシウムなどの成分や、17種類ものアミノ酸が含まれています。
プーアル茶を飲むと身体が温まり、免疫力がアップする効果を得ることができます。味には少し癖がありますが、飲みやすいプーアル茶もあり、お茶を楽しみながら健康効果、ダイエット効果を楽しんで長く続けることがお勧めです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。