栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

マスティックの効能 効果と注意点

マスティックは、抗ピロリ菌作用と歯周病予防で有名なギリシャのハーブです。

マスティックが良く効くのは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ガンの予防虫歯・歯周病予防口臭予防高血圧予防コレステロール値低下などに効き目があるとされています。

マスティックの効能

マスティックとは、ギリシャのエーゲ海に浮かぶヒオス島に生える「コショウボク」の樹液です。天然ガム成分で、その形が涙に似ていることからヒオス島では別名「キリストの涙」とも呼ばれています。

古代ギリシャでは、食後に口の掃除としてこのマスティックの樹脂を噛む習慣がありました。その効果は、歯を美しく丈夫にするほか、口臭を消す効果があることから一般に広く流行していたのです。

口の中には悪玉菌・善玉菌と合わせて500種類以上の細菌がありますが、通常の殺菌剤(薬)では、歯周病菌を初めとする悪玉菌だけでなく善玉菌も駆除してしまうため、口中の菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増殖してしまうことがあります。しかし、このマスティックは善玉菌を残し、悪玉菌だけに作用するため、安心して使用することができます。

その他、マスティックには免疫増強力、抗菌力、生体機能調整力などの作用があることから、高血圧、糖尿病、動脈硬化の予防や症状の緩和にも役立つとされています。

ヨーロッパやアメリカなどではマスティックの医薬品としての価値を認め、傷口を殺菌する軟膏や火傷の薬、手術用の糸や、歯周病予防の歯磨き剤などが開発され、販売されています。マスティックから摂れるオイルは、日焼け止め効果があり、化粧品の原料などにも利用されています。

最近では、胃ガンの原因の1つでもあり、普通の細菌が住むことができない胃の中に存在するピロリ菌」を退治する作用があることが分かり、話題となっています。

マスティックの種類と飲み方

マスティックは錠剤、ガム、歯磨き剤があります。日本でもマスティックはネット通販で入手できます。
マスティック飲み方は、空腹時に摂取するのが最も効果的です。下痢、胃のむかつきなどがみられる場合は、食後に摂るか量を減らしましょう。「マスティハ」は、一日6〜9粒が標準摂取量です。

[スポンサーリンク]

抗ピロリ菌作用に優れたマスティック

マスティックの樹液は、古代ギリシア時代から虫歯や歯周病、口臭予防、胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの胃痛に効果があることが知られていました。

20世紀後半には、マスティックに胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌に効果があること、さらに潰瘍を治癒する効果のあることが医学誌に発表されて依頼、注目を集めています。

その時に行われた研究では、十二指腸潰瘍の患者に対してマスティックを投与したところ、2週間で自覚症状が80%改善されたほか、難治性胃潰瘍の患者にマスティックを投与したところ、わずか1週間で全員の自覚症状が消え、4週間後の内視鏡検査では、80%の患者の胃潰瘍が治っていることが確認されたと報告されています。

プロポリス、甘草エキス、茶カテキンなどの抗ピロリ菌作用よりも6倍から20倍以上の強い作用が大学の研究で確認されています。

その他、マスティックには虫歯や歯周病などの原因菌(悪玉菌)に強い抗菌作用があり、口腔内の善玉菌に対して作用しないことが分かっています。

このようにマスティックには抗ピロリ菌作用や抗潰瘍作用、口臭予防など多彩な効果が確認されています。
そしてさらに、糖尿病や高血圧の予防・改善作用、胆汁分泌促進や胆石溶解、血中コレステロール低下作用及び免疫力アップ作用、慢性気管支炎や関節炎、及びやけどの改善作用、痛風やリウマチの鎮痛作用などが、マスティックの効能として知られています。

[スポンサーリンク]

マスティックの人気・売れ筋・おすすめ5選

Amazonおすすめ1
マスティックウォッシュ 500ml
マスティックオイル(ギリシャ産)と植物エキス(ニクズクエキス・シコンエキス・ビンロウジ種子エキス・ヨモギエキス)を配合し、日米特許を取得しているマウスウォッシュ。口中を浄化して口臭を防ぐオーラルリンスは、Amazonでも人気の商品です。

Amazonおすすめ2
マスティック デンタルリンスジェル
マスティックオイルを6%配合した口腔歯みがきです。また、甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウムがおロの中を爽やかにします。なお、研磨剤・サッカリン・パラベン・発泡剤は配合していない、やさしいデンタルジェルです。

Amazonおすすめ3
マスティックガム 100粒
ギリシャ・ヒオス島で採取できるマスティック樹液を原料にしたガムです。キシリトールを配合し、ノンシュガー・合成添加物不使用の健康ガムになっています。マスティックガムは、唾液の分泌をうながして細菌バランスを保ってくれます。

Amazonおすすめ4
噛み噛みサプリ マスティックミント味30粒入
ガム感覚で噛むサプリメントです。原料は、マスティック樹液の他に、植物油、カンゾウエキス末、ヨモギエキス末、セルロース、甘味料としてキシリトールが使われています。唾液分泌が少ないドライマウスの方にお勧めです。

Amazonおすすめ5
マスティハ(三生医薬)
マスティックの錠剤サプリメント(粒タイプ)といえば、この「マスティハ」です。マスティックによる胃腸への働きを期待する人にオススメのサプリメントです。

※2017年4月時点のAmazonランキングを参考にしています。

マスティック まとめ

ギリシャのヒオス島だけに生育するマスティックの樹液は、5000年も前からハーブとして、またスパイスとして日常的に利用されていました。マスティックは漢方では乳香と呼ばれ、昔からミイラの保存などにも使われ、その殺菌力について知られています。

このマスティックを一躍有名にしたのは1998年。英国の医師グループが、マスティックにピロリ菌を殺す効能があることを発表し、日本でも静岡大学食品栄養化学部の研究者たちが同様の効果を確認しました。

ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガンの発生に大きく関与し、日本人の40歳以上では約7割が感染しているといわれています。現在、ピロリ菌に対しては抗生物質が使用されていますが、注目のマスティックを用いれば抗生物質は不要で副作用もありません。

研究では、難治性の胃潰瘍の患者に一日1gのマスティックを2回に分けて4週間与えたところ、内視鏡検査で8割の治癒率を発揮することが示されました。

さらにマスティックはヒノキのような木の香りが特徴で、消臭効果、歯を白くする効果、歯周病を予防する効果についても確認されています。

マスティックは医療分野では、血圧低下作用、血糖値低下作用のほか、コレステロールの低下作用、免疫力の増強、胆汁分泌の促進、舌が白くなる舌苔の防止、痛風やリウマチの痛みの緩和、傷口の殺菌、創傷治癒促進などの作用が示されています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。