栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カイアポいもの効能 効果と注意点

カイアポいもは、血糖値を下げるブラジルのさつまいもです。

「カイアポいも」が良く効くのは、糖尿病に効果があるとされています。

[スポンサーリンク]

カイアポいもの効能

カイアポいもは、別名「シモン」「薬いも」とも呼ばれ、ブラジル南部のカイアポ山地で栽培されています。日本へは10数年前に紹介され、四国の山村で滋養食材として栽培されてきました。甘みが殆どないため、昔からインディオ達の間でも、食べ物としてより、傷の治療や滋養強壮、健康維持などに役立てられてきました。
また、カイアポいもを一度栽培した土地には、8年以上何も栽培できないと言われるほど、土の養分をたっぷり吸収して育つため、ビタミン、ミネラルが大変豊富な作物です。

このカイアポいもは、サツマイモに比べて、カルシウムは約6.6倍、鉄分は8.8倍、カリウム、リン共に約2倍など、ミネラルがズバ抜けて多く、ベータカロチンは約3倍と豊富に含まれています。その他、コリン、ビタミンB12、亜鉛、銅、マグネシウム、マンガンなど、生きるために必要なすべての微量栄養素を含んでいることも証明されています。

他の野菜にはあまり含まれていないような天然ビタミンKや、生命に必要不可欠な成分のポルフィリンが豊富に含まれており、白血病、糖尿病、高血圧、貧血、アトピー、肝臓疾患、動脈硬化、痴呆ほか血液浄化などさまざまな病状に効果があります。

中でも、このカイアポいもは血糖値を下げる効果があるといわれ、糖尿病には抜群の効果をもたらすと言われています。
但し、血糖値を下げる成分は、いもの表皮から2〜3ミリの部分であるため、生のまま皮ごとすり下ろしたカイアポいもを、1日50〜100グラム程度を1〜2ヶ月程度続けることで血糖値が下がり、血液がサラサラになるというデータも出ています。

カイアポいもの種類と飲み方

カイアポいもには、粒、粉末、錠剤、ドリンクなどがあります。

カイアポいもの飲み方として、インスリン分泌薬を服用時は、医師と相談のうえ、摂取するようにしましょう。

参考サイトの紹介

カイアポいもに関しては、九州シモン本舗の以下のページが参考になります。
http://www.leap-ap.jp/shimon/whats.htm

[スポンサーリンク]

カイアポいもサプリメントの効果と注意点

カイアポいもは、南米ブラジルの中央付近に広がるカイアポ山地の原産のサツマイモ属ヒルガオ科に属するイモです。シモンいもとも呼ばれます。

カイアポいもは、非常に栄養価が高いのですが、一旦、栽培するとその栽培地の栄養分を吸収し尽し、同じ場所での栽培が不可能な連作障害植物です。
カイアポいもの栄養分は、根、葉、茎など全ての部分に含まれており、同じ種類の仲間であるサツマイモに比べると、ミネラル分のカルシウム、カリウム、鉄などが2倍から3倍以上と特に多く含まれています。

また、サツマイモには無い、または極端に少ないビタミンK、葉酸、葉緑素、β-グルカンなど多くの栄養分を含んでいます。
更に、血糖値を下げる効果のあるCAFという酸溶解性糖たんぱくが多く含まれています。このため、インシュリンの分泌を促進し、糖尿病患者の血糖値を下げる他、中性脂肪を減少させ高血圧症、高コレステロール症、高中性脂肪症などを改善する効果が期待できます。

その他、便秘解消、活性酸素除去、花粉症などアレルギー症状・アトピー症状緩和などの効果も有しています。
メラニン色素の生成を阻止するクロロゲン酸も含まれているので美肌効果も期待できます。

まとめ

カイアポいもは、ブラジルの中央高原に自生するサツマイモの一種です。日本へは10数年前に紹介され、四国の山村で滋養食としてひっそりと栽培されてきましたが、最近になって糖尿病への薬効で注目を集めています。
カイアポいもが糖尿病によい食べ物であることがわかったのは、偶然ともいえます。あるとき、糖尿病と診断された人がわらにもすがる思いで、カイアポいもをいい伝えどおりに「皮のついたまま生ですって」食べてみたところ、劇的に血糖値が下がるという出来事がありました。
これが評判となり、カイアポいもの本格的な研究が始まったのです。

カイアポいもの有効成分

カイアポいもは、CAFと呼ばれる酸可溶性糖タンパクを主成分にカリウム、ミネラル、食物繊維など豊富に含んでいます。このCAFがインスリンの分泌作用を改善すると推測されています。ちなみにCAFはカイアポいもの表皮部分に多く含まれ、長時間の加熱で分解されてしまいます。いい伝えどおりに食したことで、その効果が発揮されたのです。

最後に

カイアポいもは、動物実験においては、高インスリン血症を伴う脂質代謝異常を改善する結果がみられました。また人体での二重盲検試験を含む臨床試験では、カイアポいもの投与によって空腹時の血糖値が下がるという結果が得られ、糖尿病のコントロールに有効であることがわかったのです。また、カイアポいもで、コレステロール値の減少もみられました。

カイアポいもの効用については、これからさらに解明されるでしょう。いずれにしても、カイアポいもは糖尿病の治療および血糖値の正常化に有効な食品であることは間違いないと思われます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。