栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ルイボスの効能 効果と注意点

ルイボス茶は、アレルギーを改善し、ガン予防も期待されるサプリメントです。

ルイボス茶が良く効くのは、便秘、アレルギー疾患、食欲がない、ウイルス感染症の予防、ガンの予防などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

ルイボスの効能

ルイボスは、南アフリカのケープ州にあるセダーバーグ山脈一帯でのみ栽培される豆科の植物です。「赤い藪」という意味があり、昔から健康と肌の美しさに効果がある植物として親しまれてきました。このルイボスの細かな葉を採取して、醗酵、乾燥させたものが「ルイボスティー(ルイボス茶)」です。

良質のミネラルをバランス良く含んでいるため、細胞の活性化を促し、便秘の解消にも役立ちます。
また、ルイボスティーにはケルセチンというフラボノイドが多く含まれ、優れた抗酸化作用を持つため、活性酸素が原因となるシミ、ソバカス、肌あれなどの予防、ガン予防、老化の防止、脂肪の酸化の防止、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の改善に効果があります。
また、ケルセチンには脂肪吸収を抑制する効果があると共に、体内の脂肪を排出する効果もあります。肝臓に優しいお茶とも呼ばれ、アルコールを飲む前か、同時に摂取することで二日酔いも防げると言われています。

その他、ルイボスティーは鉄分の吸収を妨げるタンニンの含有量が、煎茶の5分の1、紅茶の8分の1の量と少なく、口あたりがよく、刺激も少ないことから、南アフリカでは赤ちゃんの腹痛を和らげるために与えられているそうです。また、ルイボスティーを飲むと胃が軽くなり、食欲が出る効果もあることも伝えられています。
貧血気味の方や胃の弱い方には、緑茶や煎茶よりも低タンニンのルイボスティーを飲むと良いでしょう。

また、カフェインを一切含まず、カロリーもない成分なので、ダイエット中の方を初め、年齢を問わず安心して摂取できます。

ルイボス茶の種類と飲み方

ルイボス茶はティーバッグの利用が簡便です。

ルイボス茶の飲み方は1〜3g程度の葉を煮出して飲用します。

参考サイトの紹介

ルイボスに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/rooibos/

[スポンサーリンク]

ルイボスの働き

ルイボスは、南アフリカ共和国の北部のセダルバーグ山脈一帯にのみ自生するマメ科の植物です。ルイボスの葉を乾燥させてお茶(ルイボスティー)として飲まれたり、ルイボスリキュールとして飲まれたりして楽しまれています。
ルイボスティーは、お茶に通常多く含まれているカフェインやタンニンが少ないものの抗酸化作用があり、この地域に古くから住む原住民にはルイボスの効能が知られており薬草として利用されていました。
その他の効能としては、アトピー、ぜんそく、花粉症などのアレルギー症状の抑制効果や美肌効果があるとされています。

女性に嬉しいルイボスに含まれる成分

ルイボスにはカルシウム、マンガン、鉄、亜鉛、セレン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、銅などのミネラル類が豊富に含まれており、ミネラル分の摂取が不足しがちな現代人にとってはルイボスティーとして飲用するとミネラル不足の解消に役立ちます。
ミネラルのバランスも人体に含まれている構成比に近いことから理想的にミネラルが摂取できます。
その他にも、抗酸化作用のあるフラボノイドやスーパーオキサイド ディスムターゼ(SOD)様物質が含まれており、老化防止、高血圧・動脈硬化の予防効果が期待できます。
また、乾燥肌防止・改善、しわ予防、肌の新陳代謝促進、メラニン減少などの効果のあるアルファヒドロキシ酸(AHA)も含まれています。

購入時の注意

緑茶と同様に品質の差が大きいので信頼できる販売店での購入するほうが安心できます。

まとめ

ルイボス茶は、南アフリカで古くから愛飲されきた赤色のお茶です。現地ではルイボス茶は、「魅惑の健康茶」「不老長寿のお茶」と呼ばれ、食欲増進や鎮静、消化不良や便秘の改善などの効果が伝えられてきました。日本には80年代の健康茶ブームの到来で、ルイボス茶が紹介されて注目を浴びました。その健康効果とともに、紅茶に似た鮮やかな赤色や、渋味の少ないさわやかな味が好まれ、今ではルイボス茶は多くの人に親しまれています。

ルイボス茶の有効成分

ルイボスは現地の言葉で赤い潅木を意味しますが、その名のとおりマメ科の針葉樹で、針形の緑の菓が落使時に赤喝邑に変わります。ルイボスティーはこの赤くなった葉を発酵・乾燥させてつくります。その成分として、抗酸化作用のあるフラボノイドを種類豊富に含んでいるほか、体調を整えるのに不可欠なミネラルも豊富に含んでいることがわかっています。

最後に

ルイボスの抽出物を用いた実験では、細胞や血管を傷つけてガン細胞を発生させたり、老化や数多くの病気を誘因する活性酸素の消去が認められています。また、HIVに感染した細胞に対して、その生存率を高めることが報告されています。

ルイボス茶はアレルギー疾患への改善効果も期待できます。アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、小児喘息などのアレルギー疾患患者にルイボスの抽出物を経口投与したところ、約半数で症状の改善がみられました。
また、女子大生を対象に1週間ルイボス抽出物を投与した臨床実験では、便秘の改善効果が報告されています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。