栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

ケールの効能 効果と注意点

ケールは、免疫力アップの効果を持つ青汁の原料です。

ケールが良く効くのは、動脈硬化の予防、風邪をひきやすい、ストレスが多い、ガンの予防、肌の乾燥、視力の回復、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

ケールの効能

ケールは、地中海沿岸を原産とされているキャベツの原種で、アブラナ科の植物です。キャベツやブロッコリー、カリフラワーは、ケールを品種改良して作られました。ケールがはじめて日本に伝えられたのは江戸時代といわれ、その後、明治の初期に数品種が利用され始めました。 欧米では一般的にロールキャベツなどにも利用されていますが、日本ではケールそのものを野菜として食べることはなく、主に青汁かサプリに利用されています。

数多い緑黄色野菜の中でも、カロチン・カルシウム・鉄・リンなどのビタミンやミネラル等の栄養価が特に豊富に含まれています。
ケールは、葉緑素や繊維質を含むため、腸の有害物質の排泄を促す上、整腸作用があり、ケールに含まれるビタミンCは肝臓の機能を高め、解毒効果もあります。

その他、多くのビタミン類も含むため、ストレスや風邪の予防にも効果があります。
また、ケールには野菜類の中では群を抜いてビタミンEや、ナトリウムの排泄に大切な働きをするカリウムも多く含まれています。

そのほか、ケールには別名「若返りホルモン」とも呼ばれるメラトニンが多量に含まれていることも分かっています。 メラトニンは最近発見された成分で、人間が寝ている間に脳からも分泌され、活性酸素の除去や免疫機能の向上のほか、老化物質を抑制し、快眠を促す効果があるとされています。

但し、抗凝固薬のワルファリンを服用している人は、ケールに含まれているビタミンKが、薬の効果を半減させるので大量に摂取することは控えましょう。

ケールの種類と飲み方

ケールには、青汁、粉末があり、飲みやすいものを選びましょう。

「キユーサイ青汁ケールスティック」は一日1〜2スティックが目安です。ケールは、摂りすぎの心配はとくにありません。

[スポンサーリンク]

ケールサプリメントの効果と注意点

ケールは、地中海沿岸原産で2000年以上も昔から栽培されているアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種ですが、葉はキャベツのように丸くなることはありません。
非常に栄養価が高いものの日本では食用としては利用されていません。

ケールは刺激が少なく、飲みやすい味であることや、年間を通じてコンスタントに栽培でき、収穫量も多いことから青汁の原材料として広く愛飲されています。
ケール以外にも、明日葉や大麦若葉など青汁の材料として利用できますが、ケールは栄養価の高さや味などから極めて青汁適しています。

含まれている栄養成分は、その種類、量とも多くカロチノイドのルティン、β-カロチン(体内でビタミンAに変換されます)や食物繊維、ミネラルのカルシウム、亜鉛、カリウム、銅、マグネシウム、マンガン、リン、ビタミンではビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸などが含まれています。

これらの栄養分によって、ケールにはがん予防効果、アンチエイジング効果、免疫力アップ効果、美肌効果、便秘効果、目・皮膚・粘膜・歯の健康効果、ストレスの緩和効果などが期待できます。

青汁は、戦時中の昭和18年、ひどい食料難の時代に大阪女子医学専門学校(関西医科大学の前身)の教授であった遠藤仁郎医学博士が、安くて、お腹も膨れて、栄養価の高い物として「青汁」を思いついたのが始まりといわれています。
博士がいろいろ研究した結果、ケールが青汁の材料にもっとも適していると判断したという経緯があります。

まとめ

ケールは、青汁の主要原料となるアブラナ料の植物です。ケールは、地中海沿岸を原産とするキャベツの一種ですが、結球しないのが特徴で、葉が広がるのでどの菜も太陽の光を浴びて緑色になります。
ケールはヨーロッパでは家庭菜園で栽培されることも多いポピュラーな野菜で、サラダにしたり、炒めたり、煮たりと幅広く料理に使われています。

ケールの有効成分

ケールは同じ仲間のキャベツより味は劣りますが、緑の菜に含まれる栄養成分はキャベツ以上に豊富です。青汁の製造メーカーの一つであるファンケルによれば、ケールにはキャベツと比べてベータカロチン(βカロチン)が29倍、カルシウムが3.5倍、ビタミンC、カリウム、ナトリウムが2倍、リン、マグネシウムが1.5〜1.6倍多く含まれているといいます。

最後に

ケールに多く含まれるベータカロチン(βカロチン)には、活性酸素を抑える強い抗酸化作用があります。活性酸素は心臓疾患や動脈硬化、ガンを誘因する物質で、老化の元凶ともいわれているだけに、ケールを原料とした青汁にはこうした病気を予防して老化を防ぐ効果が期待できます。また、ベータカロチン(βカロチン)は体内でビタミンAが不足したときにはビタミンAに変わる機能をもっており、皮膚の乾燥や肌あれの予防、細胞や粘膜の増強、視力の回復などにも役立ちます。

青汁メーカーのキューサイが、毎日180mlの青汁を4週間飲み続けた女子大生19人の血液を調べたところ、免疫力を高めるNK細胞の活性化が認められました。免疫力の向上はガンや感染症をはじめ幅広い病気を予防するだけに、ケールの効果の注目すべき結果といえるでしょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。