栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

キャッツクローの効能 効果と注意点

キャッツクローは、関節炎の痛みに効くペルーの薬草です。

キャッツクローが良く効くのは、変形性関節炎リウマチ椎間板ヘルニア座骨神経痛慢性胃炎痛風などに効き目があるとされています。

キャッツクローの効能

キャッツクローは南米原産で、蔦の部分に猫の爪に似たトゲがあることから「Cat’s Claw」(猫の爪)と呼ばれるようになりました。1ヘクタールに、わずか2〜3本しか成育しないといわれるほど土地の栄養を必要とするため、それだけこの植物の栄養分の高さが評価されています。

ペルーの先住民の間では数百年にわたり、樹皮をはがして煎じ、お茶のように飲む習慣があります。

この先住民は料理を作る際、炭で食材を焼くため、食べ物についた炭や煙などのタールに含まれている発ガン性物質を常時摂取しているにもかかわらず、ガンにかかる人がいないことから、キャッツクローの免疫力・抗炎作用が注目されるようになりました。

キャッツクローに含まれている有効成分は、樹皮に含まれるアルカロイドです。アルカロイドには、体内の免疫組織を刺激し、体の抵抗力を高め、自然治癒力を活性化する働きがあります。また、体内や傷口の炎症を抑えたり、鎮痛効果があると考えられています。

その他、抗炎症作用のある「キノビック酸」や、抗菌効果のある「ジヒドロキシ安息香酸」、抗潰瘍作用を持つ「カテキン」などの有効成分が、生活習慣病をはじめ、あらゆる病気の元と言われる活性酸素の除去する効果があるとされています。

その後さらに研究が進み、優れた鎮痛作用のみならず、リウマチやエイズといった難病への効果が認められ、1994年には、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定するなど、世界的に認められたメディカルハーブなのです。

なお、キャッツクローには女性ホルモンを調整する働きもありますので、妊娠中の方は使用を控えましょう。

[スポンサーリンク]

ペルーが生んだ奇跡 キャッツクロー

キャッツクローとは、南米のアマゾン原産のアカネ科に属する蔓性植物で、葉の付け根部分にとげがあり、それが猫の爪(キャッツクロー)のように見えるためこの名が付けられています。

キャッツクローは土地に含まれる栄養分を吸い尽くすため、1ヘクタールの土地に数本しか生育できないほどで、その代わり高い栄養価を持つ植物です。その有効成分は、根や樹皮から抽出したエキスに含まれるアルカロイドで、これまでの研究で少なくとも6種類のアルカロイドを含んでいることが分かっています。

このアルカロイドが免疫力を最大50%もアップさせることが分かっており、ガンやエイズなど病気に対して補助的な治療薬として効果があると世界的に注目されています。

また、その他にも、キャッツクローに含まれているベータシトステロール、キノビックアシッドグリコシドやその他の成分による抗炎症効果は、最大で約70%炎症を抑制するという研究報告があります。

アマゾンに住む原住民は、古くはインカの時代からキャッツクローの樹皮を煎じて、それを薬として治療に用いていました。

効能としては、ガンやエイズ、気管支ぜんそく、気管支炎、変形性関節炎、リウマチ、ヘルペス、ヘルニア、坐骨神経痛、胃炎などに効果があるとされています。
キャッツクローの抗炎症効果は、副作用もなく有効であると世界保健機構(WHO)も認定しています。

キャッツクローの種類と飲み方

キャッツクローには、カプセル、粒などの種類があります。キャッツクローの飲み方として、一日500 – 600mgを三回に分けて摂ると効果的です。
キャッツクロウ 500mg 250カプセル(NOW Foods)
Amazonで売れ筋No.1は、ナウフーズ社のキャッツクローです。海外直送品のため、値動きが激しいので、安いときを見計らって購入すると良いでしょう。

キャッツクロー茶(ホルニマンス)
ホルニマンスは、1826年創業のハーブティの会社。キャッツクロー茶は南米では日常的に飲まれている健康茶で、この商品は買いやすいリーズナブルな価格になっています。

[スポンサーリンク]

キャッツクロー まとめ

キャッツクロー(猫の爪)は、関節炎に対する鎮痛、抗炎症効果と副作用のない穏やかな作用でWHO(世界保健機構)も認定した薬用植物です。アマゾンの熱帯森林に自生しているアカネ科の蔦で、インカ帝国時代から先住民の間で貴重な薬用飲料として飲み継がれてきました。

その樹皮には、免疫力を強化するアルカロイドやカテキン、抗炎症作用のあるキノビック酸などが含まれています。キャッツクローのそれら効用の大きな特徴として、短期間服用するだけで、伝染性の病気や悪性腫瘍に対する免疫効果を発揮することが挙げられます。

キャッツクローはまた、ヒトのマクロファージ系細胞の増殖を特異的に抑える作用で、炎症を鎮める効果にも優れています。リウマチ、関節炎、痛風、さらには慢性胃炎、アルコール中毒、十二指腸潰瘍などの治療に効果が期待できます。

キャッツクローは、内蔵への負担がほとんどないので安心して服用できるのも見逃せないポイントです。

キャッツクローの効果を高め、摂取しやすく加工したサブリメントに「クラレンドールカプセル」があります。このサプリメントの効果を確かめるべく、リウマチ、変形性関節炎、腰椎椎間板ヘルニア、座骨神経痛など、治療が難しい症例に対して臨床的研究が行われました。一日12個のカプセルを摂取したところ、10〜14日で鎮痛効果が表れ、外出ができなかった人が買い物に行けるようになったり、ひざを折り曲げることができなかった人が正座できるようになるなどの結果が得られたことが報告されています。同様に変形性関節炎に効果があるといわれる「デビルズクロー」もあります。こちらは作用が穏やかで、現代人により向いているといえるでしょう。
デビルズクロー 100粒(ネイチャーズウェイ)
ネイチャーズウェイが販売する海外直送品のデビルズクローです。腸潰瘍、十二指腸潰瘍の方は、使用前に医師にご相談下さい。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。